2012年04月10日

ヴォイドウォッチ ルート:アトルガン ステップ1

VWアトルガンルートのステップ1、4ヶ所をクリアしてきました。参加ジョブは青。構成は、戦モ暗コ白詩・戦侍狩コ白詩・黒黒黒青青学。

ジラートやプロマシアルートと同じくお供が出現しますが、今回はナイトなしの構成でした。4ヶ所とも、お供は特定の技を使うなどのタイミングで追加されます。アラパゴ、ゼオルム、カダーバとサクサク進んだのですが、マムークのコリブリだけは難敵でした。

詳細は折りたたみます。

●アラパゴ暗礁域(I-10、G-8、G-10)
クトゥルブ Dimgruzub
お供 クトゥルブ Assasin's Apprentice×2(何らかのタイミングで沸く、詳細分からず)


クルオワープで飛ぶとルジャワンの先にあるアラパゴの入り口へ。入ったら船を一つ越えた先、アプカルがいる所にPlanar Riftがあります。

お供が沸くタイミングがどこなのか詳細が分からなかったのですが、最初沸かせたらすぐお供が2匹POP。その後も特殊技がトリガなのかどうか分からなかったのですが、度々2匹ずつ追加されていました。

一般的なクトゥルブと同じように、与ダメージが高く、HPもその分多くなっています。攻撃力も高く、鯨波のヘイストがスロウIIを上書きしたりといった特殊な点もありますが、基本は弱点を突きつつ削り、お供が沸いたらその都度処理するだけで倒せます。ただただHPが多いというだけです。

PS2だと落ちるという噂がありますが、カルゴナルゴのようにPS2だと必ず落ちるというわけではないようでした。それでもPS2の方が1人回線切断で落ちていました。

●ゼオルム火山(M-6、L-8、J-8)
インプ Vanasarvik
お供 インプ Elder's Imp×4(最初はいない・ビューグルコールを使うと沸く)


クルオワープで、ハルブーンからエスケで出た所に飛べます。すぐ北の広場の北端にPlanar Rift。

ここは、お供を沸かせない前提での戦闘でした。ビューグルコールをするとお供が4体沸くらしいのですが、弱点を一つも突いていない状態だとお供が沸きません。なので、残り3割くらいまで弱点対象外のメリポWSやI系魔法などで弱点のヒントだけを探りつつ、弱点を突かないように削りました。

範囲ダメ+静寂のスタイフリングタンタラ、範囲ダメ+アムネジアのグレーティングタンタラ、範囲ダメ+強化全消去+麻痺のダークリサイタルと、嫌な技はありますが、初期のテンポラリを使いながら3割まで削るのは難しくありませんでした。お供が沸いてしまうと、タンタラ2種をボスと同時に使うらしいので、難易度がかなり上がりそうです。

残り3割を切ったところでヒントを元に弱点を突きつつ全力で削り、お供が沸くことなく無事倒せました。

●カダーバの浮沼(I-9、I-11、F-11)
ポロッゴ Brekekekex
お供 トード Chorus Toad×6(最初はいない・カエルの応援を使うと沸く)


クルオワープでナシュモの東側に。池の南東と北東にPlanar Riftがあります。

カエルの歌や水風船爆弾など嫌な技があり、高位魔法も使う曲者ですが、さらに残りHP4割を切ったあたりから連続魔を使ってきました。スタンを100%レジストするので、連続魔への対抗手段はテンポラリのみです。

戦法は、連続魔まで愚者を残しておきつつ、5弱点が判明したら温存。連続魔を愚者と弱点で潰しつつ倒すというもの。お供は沸き次第潰します。

数人が魅了されたり死んだりしましたが、1戦目で無事クリア。ただ一つ、ユサーピングセプターという範囲ダメージ技が強力で、1900を越えるダメージを食らっている人もいました。

●マムーク(L-8、J-8、I-7)
コリブリ Yalungur
お供 コリブリ Predatory Colibri(最初はいない・スナッチモースルを使うと沸く)


クルオワープから入った広場の下段北側にPlanar Riftが。下段の南側には古鏡があるので、これを東に回り込んでから下段に落ちるのが○。

この敵が今回一番の難関でした。

まず、スナッチモースルについて。スナッチモースルでPCの食事が吸われると、ボスがレベルアップします。PCが食事を取っていなかった場合は、レベルアップしない代わりにお供が1匹沸きます。このお供は、通産で6匹まで沸き、倒さないで放置すれば6匹同時に居続け、サンダジャなどの高位範囲魔法をばら撒きます。

また、このボスは回避がかなり高く、スシなどの命中アップ食事を取らずに戦うと、攻撃をかなり避けられてなかなか削れません。ところが、食事を取って吸われてしまうと、レベルアップでさらに強敵に…という負のスパイラル。

さらに、フェザーティックルでTPを消すのはもちろん、トロピカルテノールで範囲ダメ+全ステータスダウン、漫談で範囲魅了(時間が長いので侠者でしのぎ切れない)といういやらしさ。さすがコリブリ。漫談は必ずスタンしないとすぐ半壊します。

1、2戦目は、マドマドをもらい食事を取らない戦法で戦い、負けました。原因はハッキリしています。食事なし状態の前衛の命中が足りていない(命中装備に変えていない)ことと、漫談が止まっていなかったことです。

食事なしの場合、オジエなどの命中装備がないと前衛は削るのも弱点を突くのもきついと思います。魔法弱点だけが消費されていってWS弱点だけが残って突けず、結果、テンポがない状態で範囲ダメージをばら撒かれてジリ貧に。その上漫談を食らっていては勝てるはずもなし…。

3戦目は開き直って食事をして戦うことになりました。食事を吸われながらも食べ直しつつ削っていき、弱点の引きも良かったのか勝利。今度は、黒さんたちもしっかり漫談を止めてくれました。敵のレベルアップによる効果を、スシの命中が上回ったということなのか、運が良かっただけなのかは分かりませんwともかく重要なのは、お供が沸いたら優先して倒す(HPがけっこう多い)ことと、漫談を止めることですね。

というわけで、コリブリ以外はそれほど強い敵ではなく、アットワが際立つプロマシアルートよりはあっさりクリアできた印象です。

ちなみに戦利品は今回もゴミ素材ばかりでした^^
posted by ネジマキ | Comment(0) | TrackBack(0) | ヴォイドウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック