2012年04月16日

ヴォイドウォッチ ルート:プロマシア ステップ2 ビスマルク

VWプロマシアルートのビスマルクを連戦してきました。参加ジョブは白。構成は、ナ白忍黒黒青・戦暗狩コ白詩・モ侍白赤詩学。

ナイトとナイトPTの白でお供をキープ、他の人たちでボスを攻略という戦法でした。

●ビビキー湾(J-9、F-9、I-10)
ケートス(鯨) Bismarck
お供 ジャギル Primordial Pugil×5


Planar Riftはクルオワープで飛んだ船着場以外の東西南の各海岸にあります。

まずは詩を入れ替えながらマチマチメヌメヌ、ナが沸かせて、お供が出現するまで全員敵対行動を取らずに待ちます。お供が沸くまでの時間は10秒前後くらいでしょうか。また、この間に限らず戦闘中を通して、ペットを帰還させる、ペットが倒されるなどをすると黄色ネームでキープしている雑魚がペットのマスターに向かってきてしまいます。なので、召が参加するのは現状きついと思います。

お供キープ役は、ひたすら敵対行動なしのケアルのみでキープです。5匹と数が多い上にリゲイン状態らしくリコイルダイブを連発してくるので、オハンナイトでもそこそこ苦労するようでした。数が多いので、盾が発動する位置にまとめるのも大変かもしれませんね。最初に沸いたお供をキープすれば、追加のお供は沸かないようです。


お供が沸いたら戦がボスを抜いて距離を取り、戦闘開始。このビスマルクは近接物理・遠隔物理・魔法それぞれに累積耐性があり、どれか1種の攻撃に依存していると与ダメージが目に見えて低くなり、削りきれなくなります。時には、黒が侠者を使って近づいて削るなんてことも必要になります。

また、通常攻撃の追加効果が麻痺、スロウ、ノックバック、防御力ダウン、TP半減(横からタゲを取った場合)、テラー(背後からタゲを取った場合)と、状態異常のオンパレード。さらに特殊技もヤバいものが多く、ザーシーブロウズが前方範囲の即死(笑)、アングリーシーズが脱衣・装備変更不可、ディープシーダージがアムネジア、エコーロケーションが沈黙、ウォータースパウトが全ステータスダウンとひどい有様。しかもどれも範囲ダメージがかなり痛いです。

基本、特殊技すべてに赤/黒がスタンを入れましたが、終盤はレジられます。また、通常攻撃の攻撃力も高く、特殊技以外にも水と雷の高位精霊魔法などがあり、前衛が被弾すればケアルIV、V、VIを連打しないと維持できない状態に。

うまく弱点を突きつつ、近接・遠隔・魔法でバランス良く削りながら、さらにタゲをふらつかせないようにしないといけません。またHPがかなり多いので、このバランス戦闘で持久戦を強いられることになります。

結果的には全勝できたのですが、累積耐性の影響とケアルのヘイトでタゲがふらついて後衛が巻き込まれたり、通常攻撃の追加の麻痺の深度が深かったり、特殊技で4ケタダメージ連発だったりで、苦戦の連続でした。弱点の引きが悪いとあっさり負けることもあるんじゃないでしょうか。

それと、オハンナイトでもたまにHPが黄色くなっていたので、お供キープ役もそれなりに気合いを入れないと厳しそうです。

戦利品はファライナロケット他素材でした。
posted by ネジマキ | Comment(0) | TrackBack(0) | ヴォイドウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック