2012年04月25日

白魔道士の強化魔法スキルアップ装備 まとめと考察

バ系に加えアディ系が実装されてから、白魔道士の強化魔法スキル装備はさらに重要になっています。そこで、今回は強化魔法スキルアップ装備のまとめ・白魔道士編です。装備自体は学者とかぶる部分が多いのですが、グリモアでスキルをC+→B+に底上げできるサポ学と、その他のサポートジョブとでの違いが大きいです。また、バ系はメイン白魔道士に限り属性魔法防御力を上昇させる装備もあるので、強化魔法スキルを上げるよりもそちらを選択した方が良い部位・状況もあります。

長いので折りたたみます。

【白魔道士用強化魔法スキル装備】
部位名称スキル魔防入手方法など
片手棍ベニフィクス(Ex)+15+5アビセア−アルテパ時間ポップNM「Cuijatender
両手棍麒麟棍(Aug)最大+12 空のトリガNM「Kirin」戦利品+玄武印章の欠片で錬成オーグメント
グリップフルキオグリップ+3 アビセア−ブンカールのトリガNM「Chhir Batti
ゼニスクラウン(+1)(Aug)最大+8 空NM「Byakko」「Genbu」戦利品の免罪符で解呪+海霊免罪符の断片で錬成オーグメント
グラモアジュポン(Ex)+3 バストゥーククエスト「ブリジッドのファッションチェックII
ヒクソスローブ+10 練成
ヒクソスローブ+1+11 練成
アンフルローブ(Ex)+12 ヴォイドウォッチ・バストゥーク ステップ4「Celaeno
ブレスドブリオー +5合成
ORブリオー+1(Ex) +5エンピリアン装束(AF3)
ORブリオー+2(Ex) +10エンピリアン装束(AF3)
両手アウグルグローブ(Ex)+5 アビセア−タロンギのトリガNM「Chloris
アヤオゲージ(Ex)+10 レギオン天衡の間「Paramount Botulus」
両脚リネンズボン(Aug)最大+3 「戦慄!モグ祭りの夜」青珊瑚のカギの宝箱でオーグメント
ポーテントパンツ(Ex)+15 アビセア−グロウベルグのトリガNM「Raja
クレリクパンタロン(Ex)  属性耐性値+20、レリック装束(AF2)デュナミス−ジュノ、クフィム
CRパンタロン+1(Ex)  属性耐性値+22、レリック装束(AF2)の打ち直し(ジュノ港のリンバスNPC・CRパンタロン-1など)
CRパンタロン+2(Ex)+18 属性耐性値+25、レリック装束(AF2)の打ち直し(メイジャンの試練・忘れ去られた道程)
両足スティムラスサボ(Ex)+3 ロランベリー耕地〔S〕の抽選NM「Delicieuse Delphine
リテレーサボ最大+5 アビセアの覇者エリアで白銀の討伐証と交換
ゼニスパンプス(+1)(Aug)最大+8 ベヒーモスの縄張りのトリガNM「King Behemoth」龍のねぐらのトリガNM「Fafnir」戦利品の免罪符で解呪+海霊免罪符の断片で錬成オーグメント
ルベウスブーツ(Ex)+10 ヴォイドウォッチ・ジュノ2 ステップ4「Bhishani
クレリクダックビル(+1)(Ex)+10 レリック装束(AF2)デュナミス−ウィンダス、バルクルム
CRダックビル+2(Ex)+12 レリック装束(AF2)の打ち直し(メイジャンの試練・忘れ去られた足跡)
ORダックビル+1(Ex)+15 エンピリアン装束(AF3)
ORダックビル+2(Ex)+20 エンピリアン装束(AF3)
陰陽のローネット+1 タブナジアクエスト「愛する君達へ
エンハンストルク+7 獣人印章60枚ムーンオーブBF「第11軍団独立支隊(流砂洞)」「潜行特務隊(怨念洞)
コロッサストルク(Ex)+7 アトルガンクエスト「アトルガンの守護者」「白き神」(アレキサンダー戦クエスト)
オーグメントピアス+3 プロミヴォン−メアENM「ハイパーパラサイト
アプトゥスピアス(Aug)最大+3 「シャントット帝国の陰謀」チョコボ座のカギの宝箱でオーグメント
慈悲の羽衣(Ex)+5 海のトリガNM「Ix'aern
錦の帯(Aug)最大+3 「石の見る夢」黄玉のカギの宝箱でオーグメント
カスケイドベルト+3 アビセア−グロウベルグ時間ポップNM「Rencounter Chariot
オリンポスサッシュ+5 魔王印章30枚ゼロスオーブBF「視線恐怖症(ウルガラン山脈)

ハートオブソラス時のみ

(Aug)はオーグメントで強化魔法スキルが付くもの、(Ex)付きは競売・バザーで取り引きできないものです。名前が灰色になっているものは、(白魔道士の強化魔法装備としては)特に手に入れる必要のないものです。

 また、魔防の欄に数字が入っている装備は、属性バ系をかけた時に対応する属性の魔法防御力が上がる装備です。

以下、部位ごとに考察です。

・片手棍
 ベニフィクスのみです。+15はメイン・サブ武器枠合計の数値で最高です。麒麟棍オグメで+12が付けばフルキオグリップとあわせて同値の+15になりますが、ベニフィクスには属性耐性魔法能力アップというプロパティが付いていて、属性耐性魔法使用時に対応する属性の魔法防御力が+5されます。バ系に関してはベニフィクスが最高の装備です。もちろん、アディ系にも最高です。「両手棍と併用するためにマクロが増える(メイン・サブウェポンを同時に着替えできないため)」「NMを倒すのが面倒」という難点もありますが、麒麟棍のオグメで最高値を出すのと比べると入手難易度はかなり低いです。

 ベニフィクスをドロップするクイジャテンダーは、範囲人数割りランダムダメージの「針?本」がとにかく鬼。その上パライガ、サイレガで麻痺・静寂にされたり蝉を消されたりの難敵です。幸い移動速度アップ装備を着ければマラソンが可能(注意しないとすぐタゲが切れる)なので、身替の術を使いながらリキャスト中はマラソンするといった戦法で戦えば勝つのは難しくありません。
 ただし、青弱点を狙うなら最低でも忍モ白の3人が必要な上に時間もかかります。天神を使ってモや白のソロで青を狙うこともできますが、天神を使っても針?本で1万以上のダメージを食らって死ぬこともあるので、おすすめはできません。倒すなら数人で確実にいきたいところです。

・両手棍
 麒麟棍のオーグメントのみです。マクロ的にも入手難度的にもベニフィクスが良いという方なら、迷わずベニフィクスにしましょう。オーグメントは本当にランダムなので当てになりません。

 レジスト率アップ目的のバ系や、アディ系では強化魔法スキルのみが影響するので、ベニフィクスではなくこちらでも問題ありません。オグメ最大値+フルキオグリップでも、ベニフィクスと同じ効果が得られます。

・グリップ
 フルキオグリップ一種のみです。麒麟棍を選択するなら買っても良いでしょう。

・頭
 ゼニスクラウンのオーグメントのみです。幸い、練成に必要な海霊免罪符の断片は相場が安めなので、機会があれば入手・練成したいですね。

・胴
 属性バ系の魔法防御力アップ(対応した属性のみ)を狙うのであればORブリオー+2のハートオブソラス時・魔法防御力+10が優秀です。ただし、レジスト率を重視して属性耐性値をとにかく上げたいのなら、強化魔法スキルを重視してアンフルローブやヒクソスローブ(+1)を選択した方が効果が高く=レジスト率が高くなります。

 つまり「特定の魔法属性の大ダメージ軽減が目的ならORブリオー+2」「状態異常を防ぐためのバ系は強化魔法スキル重視」「アディ系用も強化魔法スキル重視」です。

 複数の着替えマクロを作ったり別のマクロブックを作るなどの方法で、魔防・強化スキル二種の装備を使い分けると最大限に効果を発揮できます。マクロや操作を煩雑にしたくない場合は、属性魔法バ系のみORブリオー+2に固定した方が無難だと思います。

・両手
 アヤオゲージ(+10)の入手先は2012年4月現在不明です、レギオンの天衡の間に出現する「Paramount Botulus」のドロップ品とのこと。アウグルグローブ(+5)の入手しやすさと比べると、かなり難易度は高いですね。

 バ系、アディ系ともにアウグルグローブ、レギオンに参加している方はアヤオゲージを目指しましょう。

・両脚
 ポーテントパンツ(+15)を凌ぐ強化魔法スキルが付いた、CRパンタロン+2(+18)がバ系・アディ系ともに最高の装備です。特にバ系に関しては、クレリクパンタロンの時点でも属性耐性値+20(固定値)というすごさなのに、これがさらに+25にまで強化されています。この+25という数字は(強化魔法スキル301以上の場合)強化魔法スキルに換算すると+100の効果です。

 CRパンタロン+2の打ち直し素材である忘れ去られた道程(デュナミス−バストゥーク、クフィムの敵がドロップ)は需要より供給が多くなりがちで安めなので、バザーで50個買い漁ってクレリクパンタロンからいきなり+2にした方が手間がなくて良いと思います。

 CRパンタロン+2の入手が難しい場合は、バ系は属性耐性値が固定値で上がるクレリクパンタロン(+1)、アディ系はポーテントパンツがベストの装備となります。

・両足
 バ系、アディ系ともにORダックビル+2(+20)しかありません。白魔道士をやるなら最低でもORダックビル+1(+15)は手に入れておきたいですね。

・首
 コロッサストルクを取りましょう。さすがに白ソロはきつい(無理だとは言いませんが)ですが、アレキサンダーが弱いので簡単に入手できます。

・耳
 オーグメントピアス(+3)、アプトゥスピアス(+3)どちらも入手が面倒です。この+3〜6がどうしても必要というのでなければ、無視して良いと思います

・背
 慈悲の羽衣のみです。フ・ゾイの王宮に出現するIx'aernのドロップ品「瞋恚の毒悪」をタブナジアのMeretに渡すと入手できます。ドロップ率が悪く、トリガの上質なアーン器官が3個だと倒すのにも「沸かせてお供キープ」「盾兼アタッカー」「回復役」の3人くらいは必要です。

 ですが白魔道士で強化魔法スキルを極めたいなら、どうしても欲しい装備です。

・腰
 BF「視線恐怖症」の戦利品、オリンポスサッシュ(+5)が最高の装備です。カスケイドベルト(+3)も良い装備ですが、やはり白魔道士で強化魔法スキルを極めたいなら欲しい装備ですね。


●バ系・属性耐性魔法の属性耐性値アップ

 白魔道士がパーティ全体にかけられるバ系属性耐性魔法(バストンラ、バウォタラなど)は、強化魔法スキルを上げることで属性耐性値と効果時間がアップします。

 まず属性耐性値(耐土、耐水など)について。属性耐性値が上がると、対応する属性の魔法ダメージや状態異常のレジスト率が上がります

 例えばバストンラならば、ストーン系、スロウ系、ブレイク系、ディスゴージといった土属性の魔法ダメージや状態異常をレジストしやすくなります。

 またレジストには、レジストが成功した場合の「フルレジスト」と、75%レジストした場合の「クォーターレジスト」、半分レジストした場合の「ハーフレジスト」という3つの判定が存在します。属性ダメージは、フルレジストでダメージが1/8、クォーターレジストで1/4、ハーフレジストで1/2に減少と、レジストが発生すれば最低でもダメージが半減されます。残念ながら一部の敵のように魔法ダメージを完全になくすレジストは、愚者の薬を使った時以外ではプレイヤーには実装されていません。状態異常の場合フルレジストできれば無効、ハーフレジスト(1/2)で効果時間が半減されます。

 レジスト率が上がれば、それだけ戦闘も有利になります。これは、難易度の高い戦闘ほど重要な数値です。属性耐性値の計算式は、強化魔法スキル301以上の場合次のようになります。

((強化魔法スキル−300)÷4)+100(小数点以下切り捨て)

 300を超えた分のスキルが4増えるごとに属性耐性値が1上がります。白魔道士の強化魔法スキルはC-。スキルキャップ(青字)378+メリポ8振り=394。((394−300)÷4)+100=123、ここにメリットポイントのカテゴリ1の属性耐性魔法効果5振り(+10)で133となります。

 これ以降はできるだけ強化魔法スキルが上がる装備をしつつ、脚は属性耐性魔法値が固定値で上がるクレリクパンタロン(CRパンタロン+1、+2)を使うことでレジスト率を最大限に高めることができます。

●バ系・属性耐性魔法の効果時間延長

 バ系の効果時間も、強化魔法スキルを上げることで延長されます。属性耐性魔法のバ系魔法(バストンラ、バウォタラなど)では、強化魔法スキルが360以上になると、効果時間は最長の300秒となります。白魔道士の強化魔法スキルはC-、スキルキャップ(青字)378の時点で360を超えるので、装備で調整する必要はありません

●属性魔法防御力アップ

 白魔道士は、ハートオブソラス使用時に属性バ系を唱えることで、対応する属性の魔法防御力(例:バファイラなら炎属性の魔法防御力、バブリザラなら氷属性の魔法防御力)が+5されます。また、メリットポイントのカテゴリ1の属性耐性魔法効果を振ることでも、1振りごとに対応属性の魔法防御力が+2されます。さらに上表中の魔防の欄に数字が入っている装備を身に付けることでも上昇します。

 魔法防御力を上げてもレジスト率は上がりませんが、対応する属性の魔法ダメージを確実に減らすことができます。何も装備・強化していない状態の魔法防御力は100で、プラスされた分だけこれに上乗せされます。魔法防御力による魔法ダメージ減算の計算式は次の通りです。

魔法ダメージ×(100÷魔法防御力)(小数点以下切り捨て)

 受けるダメージの基本値が300の場合、魔法防御力30で受けるダメージは300×(100÷(100+30))≠230となります。シェルや装備プロパティの魔法ダメージ−ほどは軽減されませんが、それとは別枠で魔法ダメージを減らす効果があるので有効です。レジストしにくい・レジストできてもダメージが大きい戦闘の場合に、魔防アップ装備優先で属性バ系を唱えると、被魔法ダメージの総量を減らすことができます。

 ハートオブソラス(+5)、属性耐性魔法効果5振り(+10)、ベニフィクス(+5)、ORブリオー+2(ハートオブソラス時+10)で、最大+30となります。ベニフィクスは魔法防御力と強化魔法スキルを両方とも最大限に発揮できるので文句なしORブリオー+2は魔法ダメージが厄介な敵の場合に特に効果を発揮します。

●アディ系魔法のステータス上昇量アップ

 アディ系魔法をかけた時のステータス上昇量は、強化魔法スキルに依存しています。効果時間は5分固定です。

 上昇量は強化魔法スキル300まではステータス+5。以降スキル+10ごとにステータスが+1され、スキル500で上限のステータス+25となります。白魔道士の強化魔法スキルはC-。スキルキャップ(青字)378+メリポ8振り=394、ステータスの上昇量は5+9=14となります。ステータス10の差は、食事効果やアートマ一つの効果に迫る効果が期待できます。スキル10刻みなので大幅なスキルアップをしないとなかなか上がりませんが、できるだけスキルアップ装備を積み重ねたいところです。

 加えて、どのアディ魔法を使うかも重要です。初期では実装されているアディ系魔法が限られていたこともあって、無難にモクシャと回避を上げられるアディアジルが唱えられることが多く、影の薄かったアディ系。しかし、現在では前衛パーティならアディスト、命中が足りなければアディデック、黒パーティならアディインと、それぞれ状況に応じて有効なステータスを+20以上上げられる強力なサポート魔法として認識されています。それだけに、アディ系用の強化魔法スキルのブーストは必須と言っても過言ではないでしょう。

●強化魔法スキル500を目指しつつ考察

 白のグリモアなし(強化魔法スキルC+)の場合……

片手棍ベニフィクス+15
ヒクソスローブ+10
両手アウグルグローブ+5
両脚CRパンタロン+2+18
両足ORダックビル+2+20
コロッサストルク+7
慈悲の羽衣+5
オリンポスサッシュ+5
合計青字+メリポ8振り394+85=479


 これらの装備で479。バ系の属性耐性値はスキルで144、メリポカテ1を5振りで+10、CRパンタロン+2で固定値+25、合計179(魔防+20)となります。ORブリオー+2を装備した場合は177(魔防+30)となります。アディ系のステータス上昇量は+22です。

 表にない装備から何でも都合の良いものを選んでスキル+1=480にすると、バ系属性耐性値180(魔防+20)ORブリオー+2では変わらず177(魔防+30)アディ系ステータス+23になります。この480という数字がサポ学以外でのとりあえずの目標値になると思います。ゼニスクラウンのオグメがうまく付いてくれれば、調整・さらに上を目指すことも可能ですね。

 また、サポ学以外でスキル500を達成しようとしても、ゼニスクラウン(最大+8)、アンフルローブ(ヒクソスローブから+2)、オーグメントピアス(+3)、アプトゥスピアス(最大+3)を揃えても495で、一歩届きません。アヤオゲージ(+10)の入手が可能ならば、グリモアなしでも強化魔法スキル500が達成可能になります。

ただゼニスクラウンはともかく、アプトゥスピアスのオグメ最大値を付ける難易度(ランダム運+手間)が高く、さらに入手先不明(入手難度激高が予想される)のアヤオゲージを考慮に入れるのは、現実的ではありませんアヤオゲージを手に入れるにはレギオンの上位ブロックである天衡の間を攻略した上で戦利品をロット勝ちする必要があり、道のりは険しいです。

 よほど突き詰めたいのでなければ、サポ学以外でスキル500を目指すのはやめた方が無難です。そこまで突き詰めなければいけない戦闘では、サポ学で出るべき(サポでカバーしたい魔法は他ジョブに任せるべき)です。その方が白魔法の詠唱速度・MPコスト的にも優れています。

 一方で、サポ学で白のグリモアを使った場合、このわずかな差が一気に縮まります。表の装備で白グリを使うとスキル505となり、スキル5の分を装備から除くこともできます。ORブリオー+2を使用する場合でも、他の部位で+5だけ補えばスキル500と魔防+30を両立できます。スキル500でのバ系の属性耐性値は185(魔防+20)、ORブリオー+2かつスキル500なら(魔防+30)。アディ系のステータス上昇量は+25です。ORブリオー+2を使うことを考えると、ゼニスクラウンで+5以上のオグメを付けるのが一番現実的だと思います。


 予想以上に長くなりましたが、サポ学前提であればスキル500の壁は学者と同程度の難易度なのではないかと思います。むしろベニフィクスやCRパンタロン+2、ORダックビル+2のおかげで楽なのかもしれませんね。
posted by ネジマキ | Comment(0) | TrackBack(0) | 装備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック