2012年04月28日

レリックカスタム+2(AF2+2)考察 赤魔道士編

赤魔道士のレリックカスタム+2(AF2+2)の性能と考察をまとめてみました。

今回もまたまたデータ・ネタ元として、我々の用語辞典とネ実に2012年3月に立った「AF2+2とは一体なんだったのか」スレの内容を引用・参考させていただいています。詳細は折りたたみます。

DLシャポー+2
頭 Rare Ex
防31 HP+20 MP+20 MND+5
弱体魔法スキル+18 リフレシュ
オグメ:ディアIII効果アップ スロウII効果アップ(効果時間延長)

神装備です。開発が赤魔道士好きだとしか思えません。
リフレシュの値が2MP/3secに強化され、MNDも+5に、弱体魔法スキルも+18など、すべてのプロパティが上昇しています。
ただ弱体・精霊魔法を唱える時は、魔法命中率に加えINTもMNDも上がって白黒両方の弱体魔法に対応、さらに弱体魔法の詠唱時間-12%まで付くEQシャペル+2という超絶装備があるので、オグメを利用する場合以外では基本的にリフレ装備としての価値しかありません。そこを突き詰めるかどうかは人によりけりだと思います。

オグメ対象エリアはザルカとタブナジアで、オーグメントの効果はディアIIIとスロウIIの効果時間がそれぞれ違った値で延長されます。ディアIIIは1振りごとに+6秒(5振り2分30秒→3分に)、スロウIIは1振りごとに+9秒(3分→3分45秒)されます。格上相手に赤を出す機会が多い方にはかなり良いオグメだと思います。

ディアにはMNDによる効果深度の違いがないので、EQシャペル+2の方が優れているのは元々短い詠唱時間だけ。スロウIIは効果深度の下限(ボトム)が元からスロウよりも高く設定されているので、EQシャペル+2のMND+8との小さな効果深度の差よりも、効果時間を延ばすことを優先するのも十分アリだと思います。何よりどちらも消費MPが高い魔法なので、効果時間延長=戦闘ごとの消費MP軽減につながります。

ただし、このオグメは赤に力を入れている人向けですが、現状VWで赤を出す方はメリポの敵対魔法すべてに振っていないといけないというのが現状です。(最終章除く、2012年4月現在)メリポ魔法を弱点候補から除外する調整が進んではいますが、これが終わらないとオグメの本当の性能は引き出せないことになると思います。

DLタバード+2
胴 Rare Ex
防59 MP+42 AGI+6 MND+6
回復魔法スキル+15 強化魔法スキル+15
ファストキャスト効果アップ
オグメ:連続魔効果アップ(効果時間延長)

神装備です。開発が赤魔道士好きだとしか思えません。
ファストキャスト効果アップが0.10から0.12に強化され、アンフルローブ(0.10)の登場で失った単独首位の座を取り戻しています。ファストキャスト装備最高峰です。

また、いきなり強化魔法スキルが+15も追加され、強化魔法スキル装備としても最高です。アンフルローブ(+12)をいきなりぶっちぎっています。回復魔法スキルも高い値で付くので、ヘカカラシリス(ネフェカラシリス、ネフェカラシリス+1)を持っていない場合はケアル用装備としても機能します。

オグメ対象エリアはボスディンとタブナジアで、効果は連続魔の効果時間が+20秒(1分→1分20秒)延長されるというもの。良いとは思うのですが、延長されても精霊魔法の連打だとMPが続かないですね。裏での弱点突きやテンポラリアイテムが使用できるコンテンツでは真価を発揮するかもしれません。


DLグローブ+2
両手 Rare Ex
防22 MP+32 INT+7 MND+7
強化魔法スキル+18 魔法防御力+4
オグメ:ファランクスII効果アップ(効果時間延長)

神装備です。開発が赤魔d(略
頭胴ほどではありませんが、優秀な装備です。元々強化魔法スキル装備として最高だったものが、さらに強化されて強化魔法スキル+18になっています。オグメとも相性の良いプロパティです。

オグメ対象エリアはバストゥークとブブリムで、ファランクスIIの効果時間が1振りごとに+8秒(5振り4分→4分40秒)されるというもの。効果時間が元々長い魔法なのでそれほどすごい効果とは言えませんが、強化魔法スキルアップと相性が良いですし、オグメ対象エリアにブブリムが入っているため簡単にメイジャンの試練をこなせるので、付けておいて損はないと思います。


DLタイツ+2
両脚 Rare Ex
防43 MP+22 DEX+8 INT+8
精霊魔法スキル+15 スパイク系効果アップ
オグメ:バイオIII効果アップ ブラインII効果アップ(効果時間延長)

ゴミ装備です。開発が赤魔道士嫌いだとしか思えません。
というのは冗談だとしても、他部位に比べてだいぶ性能が劣ります
スパイク系の反撃ダメージが+20%から+30%に強化されていますが、きょうびスパイクダメージを当てにした赤ソロをする機会なんて、ほとんどありません。せいぜいアビセアでのイオリアン集め狩りで使えるくらいです。精霊魔法装備としても、EQフュゾー+2(INT+9、魔法命中率+6、魔法攻撃力+6)があれば必要ないでしょう。

オグメ対象エリアはジュノとクフィムで、効果はバイオIIIとブラインIIの効果時間がそれぞれ違った値で延長されるというもの。バイオIIIは1振りごとに+6秒(5振り2分30秒→3分に)、ブラインIIは1振りごとに+5秒(最大+25秒)されます。ブラインIIはブラインと比べても効果自体にそれほど優位性がないので、このオグメで意味があるのは実質バイオIIIのみなのではないでしょうか。バイオIIIのスリップを増やすために暗黒魔法スキル装備を揃えているような方なら、活用できるかもしれません。


DLブーツ+2
両足 Rare Ex
防20 MP+21 INT+6 MND+6 魔法命中率+4
魔法攻撃力+7
オグメ:パライズII効果アップ(効果時間延長)

脚と違って対抗装備がないので、精霊魔法用装備としては最高の装備になります。赤で精霊を撃つ機会があるのなら作って損はないでしょう。

オグメ対象エリアはサンドと砂丘で、効果はパライズIIの効果時間延長。秒単位のプラスではなく、1振りごとに+5%となっています。悪くはないと思うのですが、パライズの場合MND増強による効果深度(麻痺発動率の高さ)が重要なので、EQウゾー+2(MND+13)と比べてどちらを使うのか悩ましいところです。一般的には、パライズ用装備としてはEQウゾー+2の方が優れていると言えると思います。


●総評
頭胴はかなり優秀手は強化魔法装備として優秀、ファラII使いならさらに良し。足は赤の精霊にもこだわるなら○。脚は物好きでなければいらないと思います。ただ、元々赤魔道士の装備は素のレリック装束(AF2)とエストクル装束(AF3)が優れているので、赤に力を入れているのでなければ、どれもいらないかもしれませんw
posted by ネジマキ | Comment(0) | TrackBack(0) | 装備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック