2012年05月03日

新ナイズル4連戦 100層到達も時間切れw

GW真っ只中、またまた新ナイズルを4連戦してきました。今回は鉄板構成と言われる暗暗暗暗学学。参加ジョブは学。

結果から言いますと、4戦とも90層を突破、一度だけ100層に到達しましたが、ボスのHPを半分削った時点で残り10秒となかなか制限時間が厳しく、退出させられてしまいましたw

やはり、暗黒騎士は新ナイズルにとても向いています。オーラ前提での攻略なので学者2人は今までも固定の構成でしたが、戦士や侍と比べてもやはり暗黒騎士が頭一つ抜けていると思います。

理由の一つが、前回の記事でも言った「早さ」です。火力的に100層を目指せる前衛は戦士、モンク、暗黒騎士、侍あたりになると思います。この中でパウダーブーツを装備できるジョブは戦暗侍。そして、パウダーブーツを常時装備しながら他の移動速度アップ装備も装備しておけるジョブは暗黒+クリムゾンクィス(ブラッドクウィス)の組み合わせのみです。他のジョブは、戦=エルメスサンダル、侍=段蔵の脛当と装備部位がパウダーブーツと同じ部位になっています。

早さを追求すると、移動時に移動速度アップ+12%装備は必須。そこに複数のパウダーブーツを用意して常時装備しておき、使ったら新しいものに履き替えるというのが究極です。

パウダーブーツは、装備してからエンチャントが使えるまでの時間が30秒もあるので、パウダーブーツを使いたいタイミングがきてから装備ではまったく間に合わないし効果がありません。なので、やはり移動速度アップ装備で通常移動の速度も上げつつ、パウダーブーツも常時装備で活用できる暗が、「早さ」の尺度でも一番向いているということになります。もちろん、ボス層以外はWS時もパウダーブーツです。エンチャントのリキャストが10分なので、3〜5個くらいもっていくと走者の薬と併せてうまい具合に使いまわせると思います。

ちなみに、クリムゾンクィス+常時パウダーブーツができるジョブには竜騎士もあります。スターダイバーを極めて通常削りも暗黒に負けない!というような竜騎士であれば、十分に新ナイズルに適応できるかもしれません。逆に言えば、ホアフロストソードやメイジャンSTRルートの両手剣でもレゾルーション5振りしていれば、そこそこの火力になってしまう暗黒がかなりお手軽で有利ということになるかもしれません。
タグ:新ナイズル
posted by ネジマキ | Comment(0) | TrackBack(0) | 新ナイズル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック