2012年05月09日

青魔道士のヴォイドウォッチ用装備

今回は、VWで弱点を突くための青魔道士の装備を考えてみたいと思います。

VWでの青の役割は、青魔法弱点を確実に迅速に突くことだけです。なので青の装備で重要なのは、魔法命中率と、詠唱の長さをカバーするファストキャストの二点です。

現在の私の装備は…

メインウェポン : イサドル(魔法命中率+6、ファストキャスト+5)
サブ : 玄武盾(オグメ・魔法命中率+3)
投てき : マーヴィタスラム(青魔法スキル+5)
頭 : アトスシャポー(ファストキャスト+3)
胴 : MVミンタン+2(魔法命中率+12、青魔法の詠唱時間-12%)
両手 : ユクシンリスト+3(ファストキャスト+?)
両脚 : ブラッドクウィス(オグメ・ファストキャスト+5)
両足 : MVバシュマク+2(魔法命中率+8)
首 : マーヴィスカーフ(青魔法スキル+4)
右耳 : 胡蝶のイヤリング(オグメ・魔法命中率+4)
左耳 : ロケイシャスピアス(ファストキャスト+2)
右指 : ストレンドゥリング(魔法命中率+2)
左指 : バルラーンリング(魔法命中率+4)


基本はこんな感じです。魔法命中率が直接上がる装備と青魔法スキルが上がる装備を中心に、ファストキャストもなるべく取り入れるようにしてあります。手はタウマスリスト(ファストキャスト+3)を手に入れたいところ。MVバズバンド+2も悪くはありませんが、詠唱ではなく再詠唱しか短くならないので、レジストされて唱えなおす場合にしかメリットがありません。

ヒントが出たら上記の装備で属性ダメージの青魔法を撃ち、ダメだったらメインウェポン→属性杖HQ、両脚→MVタイト+2に着替えて験者の薬を使い、弱体系(コールドウェーブやリービンウィンド、贖罪の光など)を撃っています。これで弱点をレジストされ続けたことは、今のところありません。(もちろん、他の魔法やWSのスロウ・ブラインと重複して効果なしで突けなかったことはありますがw)

かつては、メイジャン魔命剣を作ってゴリゴリに魔命装備を揃えている方もいましたが、レベルキャップ上昇とテンポラリアイテムの充実のおかげもあってか、現在VWでメイジャン魔命剣が必要になるほどシビアな場面はありません。それでも魔命にこだわりたいというのであれば、常時属性杖HQ、あとはローレルリース(魔法命中率+10)やノーティックトルク(魔法命中率+4)、アンガーリング(魔法命中率+4)などの魔命装備にチューンした方が無難です。ヘッド・サドンのスタン命中率に命をかける!というような人でなければ、メイジャンをこなす労力がもったいないです。

とにかく言えるのは、VWで青に火力は1ミリも求められていないということです。いかに素早く確実に弱点を突けるか、ポイントはその一点だけです。

敵が弱くて連戦で、5弱点を早々と突けた時なんかは、殴り装備に着替えてシャンデュシニュひゃっほいする時もありますが、そういう場面では青のシャンデの火力なんてゴミ同然ですwシャンデ1発で1500〜1600出してる間に戦暗侍さんたちが一人頭5000〜6000ダメ以上削ってますw

それどころか、常時殴り装備の青魔道士は地雷なことが多いと感じます。ラッシュで削りにいってHP真っ赤にしたり死んだり、弱点対象の魔法以外も撃ってたり……。こういう青さんに当たると、主催する時はちょっとがっかりします。

話が逸れましたが、とにかくVWの青魔装備は一に魔命、二にファストキャスト!でもそんなにゴリゴリの魔命じゃなくても大丈夫だよ!というお話でした。
posted by ネジマキ | Comment(0) | TrackBack(0) | 装備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック