2012年07月12日

全ジョブの限界クエストコンプ + 限界70クエ攻略法まとめ

マートキャップのためにジラートジョブまでの限界クエストはクリア済みだったのですが、アトルガン・アルタナジョブの限界もクリアして、全ジョブコンプしてきました(´∀`)

マートから限界クエを受ける場合はみんな同じ流れなんですが、アトルガンとアルタナのジョブ(青コか踊学)は、それぞれ関係の深いNPC関連のストーリーが用意された独自のクエストなので、やっていて楽しかったです。特に青か学あたりはおもしろいので、レベル99だけど限界クエストはやってないという人も、クリアしておくことをおすすめします。

おまけとして、今さらではあるのですが、これから限界クエストをやる・マートキャップを取るという方のために、各ジョブの限界クエストの内容と攻略法などをまとめてみます。

いずれもBFの制限時間は10分、サポートジョブ無効です。簡単なジョブではレベル66でも容易に勝てますが、難しいジョブではレベル70どころか75でも勝敗が運次第ということもあります。

また、レベル75以上で挑んでもそれなりに被ダメがきついので、ハイポやオレなどの回復アイテムや、イカロスウィングなどの短期決戦用の薬品も準備しておくと安全です。食事については省略していますが、必要に応じて防御・回避・命中などの食事をしましょう。HPと命中+αのスシ、防御のタブナジア風タコス、HPブーストのカルボナーラあたりが優れています。低レベルで挑むなら、命中と回避が固定値で上がるジャックのランタンもなかなかです。


●戦士

依頼主:マート(Maat) 場所:ホルレーの岩峰 難易度:簡単

証はテリガンのGoblin Mercenaryなど、戦士タイプの獣人から。

オポオポネックレス+昏睡薬でTPを100までためて、開幕マイティ→レイグラ→イカロスウィング→レイグラで終わります。長期戦は無理なので、一気に火力で押し切ります。


●モンク

依頼主:マート(Maat) 場所:バルガの舞台 難易度:簡単

証はオズのYagudo Flagellantなど、モンクタイプの獣人から。

抜刀してためるを9回→百烈拳発動→気孔弾→殴りっぱなしで勝てます。WSを撃ちたかったら終盤に、基本は百烈拳のみ。


●白魔道士

依頼主:マート(Maat) 場所:バルガの舞台 難易度:超簡単

証はテリガンのGoblin Alchemistなど、白タイプの獣人から。

ストンスキン・アクアベール・ブリンクを唱えてバニシュガ(マートのブリンクをはがすため)→リポーズ→ブリストはり直し→起きたらリポーズの繰り返し。戦闘開始から5分経つとクリアになります。

神聖魔法スキルはそこそこ上げておくと良いと思います。アポロスタッフはあった方が確実です。


●黒魔道士

依頼主:マート(Maat) 場所:ホルレーの岩峰 難易度:普通

証はベドーのSapphire Quadavなど、黒タイプの獣人から。

ヤグドリやメロンジュースなどを複数用意して、寝かせながら精霊で削ります。マートが唱えてくる魔法はランダムですが、やばいのはガ系と古代。確実に詠唱を止めるために、スタンやバインド、スリプル系をフルに使います。レジストされないように、闇杖は必須です。

基本はシンプルな黒ソロ戦法ですが、バイオなどを受けてヒーリングができないことがあるので、寝かせている間にMPをがっつり回復できるプロエーテルなどを用意しておくと確実だと思います。


●赤魔道士

依頼主:マート(Maat) 場所:ワールンの祠 難易度:普通

証はル・オンの庭のSprinklerなど、各地の壺から。

プロシェル、ブリストファラリフレをして、ディアガした後ディスペルを繰り返し、シェルが切れたor何もかかっていないのが確認できたら、連続魔→使える中で一番強い精霊魔法を連打→MPが尽きそうなところでスリプル→コンバート(必要に応じてケアルorストンスキン)→また精霊連打で倒せます。


●シーフ

依頼主:マート(Maat) 場所:ワールンの祠 難易度:やや難しい

証はテリガンのGoblin Banditなど、シーフタイプの獣人からぬすむで手に入れる必要があります。ぬすむ装備を充実させても成功率はたかが知れているので、意外に根気良くぬすみ続けないと手に入りません。

最初の70限界クエストとして受けた場合のみ、マートから呪符デジョンをぬすむことに成功すればクリアになるそうです。それ以外の場合は戦闘に勝たないといけません。

突入したらオポ昏でTPを100ためて、抜刀してからアシッドボルトを入れて開始→ダンシングエッジ→イカロスウィング→ダンシングエッジ。絶対回避を使われたらとんずらで逃げてしのぎ、もう一度ダンスを撃ったあたりで終わるはずです。

マートもシーフタイプになっているので、なにげに回避が高いです。絶対回避中にスリプルボルトやブラッディボルトを当てようとしても、スキル青でもそんなに命中率は高くありません。無難にとんずらで逃げ、ハイポやオレなどで確実にHPを回復するのをおすすめします。


●ナイト

依頼主:マート(Maat) 場所:ク・ビアの闘技場 難易度:超簡単

証は修道窟のOrcish Protectorなど、ナイトタイプの獣人から。

プロテスをかけて、必要ならばメロンジュースなどを飲みながら適当に殴り、WSを撃ち、ケアルをし、センチネルなどをしていれば勝手にクリアになります。

マートに手を出した後に後ろでも向かない限り、負けるのは難しいくらい簡単です。


●暗黒騎士

依頼主:マート(Maat) 場所:ク・ビアの闘技場 難易度:簡単

証はテリガンのDoom Soldier(夜間だけ沸く骨)、グスタフのDoom Guard(同様に骨)、修道窟の側近NM・Orcish Warlordなどから。少々取りにくいです。

両手剣と両手鎌を用意して、両手剣でオポ昏TP100に。抜刀してドレッドスパイクを唱えたら、アブゾーストなどで戦闘開始→スピンスラッシュ→両手鎌に持ち替えてイカロスウィング→クロスリーパー(湾曲)。その後はスタンなどを入れながら殴ればドレッドスパイクが切れる前に終わると思います。必要があればブラポンも使うと良いでしょう。


●獣使い

依頼主:マート(Maat) 場所:ワールンの祠 難易度:超簡単

証はテリガンのGoblin Shepherdなど、獣タイプの獣人から。

キャリーを呼び、使い魔→マートのペットに当てます。ペットからタゲを取らない程度に殴り、マートにはランペ→ひきつけろなどで常にペットにタゲを取らせます。あとはペットが沈まないようにリキャごとにいたわるするだけです。


●吟遊詩人

依頼主:マート(Maat) 場所:ク・ビアの闘技場 難易度:簡単

証はオズのYagudo Conductorか海蛇の岩窟のCoastal Sahaginから。

ほぼレクイエムだけで削る戦法です。ジュワなどを持っている方は殴りも十分に有効です。フィナーレ対策にオレとジュースを飲み、ソウルピーアンピーアンして抜刀→レクイエム→フィナーレ連打+ハイポなどを使用、適当にWS。時間は少しかかりますが、防御に徹したほうが無難です。ハイポは多めに用意すると良いと思います。


●狩人

依頼主:マート(Maat) 場所:ホルレーの岩峰 難易度:難しい

証はダボイ・修道窟のOrcish Farkillerや流砂洞のAntican Aedilisなどから。

高火力で一気にクリアも可能ですが、狩人のやわらかさが際立つ戦いでもあります。防御食事とオレは必ず用意。できればブリンクバンドも使います。ベロシティショット→オポ昏睡でTP100までため→抜刀→狙い撃ち→スラッグショット→乱れ撃ち→スラッグショット→イーグルアイ→倒せていなければイカロスウィング→スラッグショットで倒せます。

こちらの火力は問題ないのですが、マートの火力も高く、こちらの防御が低いところが難点です。一気に片付けようとしたら夢想で一気に片付けられた、なんてこともありましたw


●侍

依頼主:マート(Maat) 場所:宣託の間 難易度:超簡単

証はズヴァール外郭のBlood Demon、Gore Demon、オズの側近NM・Yagudo Templarから。

黙想→抜刀→月光→明鏡止水→雪風→月光→終了。


●忍者

依頼主:マート(Maat) 場所:宣託の間 難易度:普通

証はオズのYagudo Assassinなど、忍タイプの獣人から。

回避装備で身を固め、蝉を切らさないように戦う持久戦です。オレを飲んで抜刀・戦闘開始→マートの蝉がはがれたのを確認したら捕縄・暗闇→ハイポを使いつつ蝉を回してWS。

夢想が蝉貫通なので、ハイポは多めに用意した方が良いです。


●竜騎士

依頼主:マート(Maat) 場所:宣託の間 難易度:簡単

証はダボイ・修道窟のOrcish Dragoon、海蛇の岩窟のDelta Sahaginなどから。

突入前にコールワイバーン→20分待つ→突入→殴る・ジャンプ・ハイジャンプ→ペンタ→竜剣→ペンタ→ジャンプ・ハイジャンプ→竜剣を切ってコールワイバーン→スーパージャンプ→後ろを向いて飛竜にタゲを取らせる→殴る・ペンタ・ハイポ→終了。


●召喚士

依頼主:マート(Maat) 場所:バルガの舞台 難易度:簡単

証はウガレピのTonberry Dismayer、怨念洞のTonberry Beleaguerer、オズの王NM・Yagudo Avatar、神NM・Tzee Xicu the Manifestから。

アスフロを二回当てれば勝てます。ただし、一回目のアスフロを当てた後にマートもアスフロを使ってくるので、それに耐えられないと負けます。HPブースト系の食事とオレを飲んでおくのがベストです。

オレを飲む→マートが呼び出している召喚獣に対して強属性の召喚獣を呼ぶ→アスフロ→マートに当てる→究極履行→入り口まで離れる→召喚獣が倒されるor引っ込める→再召喚→当てる→究極履行。


●青魔道士

クエスト名:不滅 依頼主:ラウバーン(Raubahn) 場所:翡翠廟 難易度:難しい

証はマムークのMamool Ja Mimickerなど、青タイプのマムージャから。クエストはジョブ取得時と同じく白門のWaoudから受けられます。

ラウバーンの青魔法がとにかく強力です。いきなりレイディアントブレスで静寂・麻痺などを食らって何もできずに敗退したのは苦い思い出w
とにかくこちらも青魔法や一人連携で一気に倒さないとクリアできません。現在ではアジュールロー中に青魔法同士で連携できるので、難易度は下がっているようです。
どれだけ作戦を練っても、ヘッドバット、テールスラップ、フラットブレードのスタンや、R.ブレスの静寂などで崩されることがあるので、一気に倒すとは言っても、食事、ハイポ、オレ、ジュース、やまびこ薬、万能薬などを準備しておくと良いと思います。

金剛身、リフュエリング、ゼファーマント、ワームアップをセットして突入→セットした魔法を使う→攻撃系の青魔法をセット→イカロスウィング→抜刀→ヘッドバットを入れつつゼファーマントが切れていることを確認→レッドロータス→ブルーチェーン→次元殺(核熱)→ヘッドバット→アジュールロー→F.リップ→デスシザース(分解)→ヘッドバット…などというのが良いのかもしれません。

アジュールローが一人連携可能になるずっと前にレベル70で挑んだ私は、ヘッドバットを挟みつつ、一人連携から多段魔法主体の青魔法連打でなんとか倒しました。5〜6回負けた記憶がありますw


●コルセア

クエスト名:海路の果てに 依頼主:クルタダ(Qultada) 場所:タラッカ入江 難易度:超難しい

証はカダーバのLamia Fatedealer、アラパゴのMerrow Icedancerから。クエストはジョブ取得時と同じくアラパゴのラミアの牙のカギを使って抜けた場所で受けられます。

かなり難易度が高いです。レベル90以上で挑んでも、負ける可能性はあると思います。とにかくクルタダの攻撃が痛く、こちらの回復は間に合いません。瞬殺しないと勝てないBFです。

オポ昏でTP100→ハンターズロール→ブリンクバンド使用→カオスロール→抜刀→クイックドロー→スラッグショット→イカロスウィング→スラッグショット→ワイルドカード→(TP回復の目が出たら)スラッグショットで勝てます。スラッグが外れたり、ワイルドカードでTPがたまる目(3か4)が出なかったら負けです。


●からくり士

クエスト名:力と覚悟 依頼主:シャマルハーン(Shamarhaan) 場所:ナバゴ処刑場 難易度:普通

証はバフラウのTroll Surveillantなど、からくりタイプのトロールから。クエストはバス商業区のShamarhaanから受けられます。

敵はシャマルハーン+マトンですが、マトンを先に落としてしまえばそれほど難易度は高くありません。
白兵マトンにフラッシュバルブ、ストロボ、アーマープレートII、アクセラレーターIIなど盾役用のアタッチメントをセット→オポ昏でTP100ためる→敵マトンにディプロイ→オーバードライヴ→ライトマニューバ→本体もマトンを殴る→空鳴拳→ファイアマニューバ+アースマニューバorウィンドマニューバ→ハイポ・オレ・リペアーを使いつつマトンを倒す→本体を倒す。


●踊り子

クエスト名:祝福のフィナーレ 依頼主:ライラ(Laila) 場所:ク・ビアの闘技場 難易度:難しい

証は北グスタベルグ〔S〕のYoung Quadav、Amber Quadav、Amethyst Quadavなど、過去世界のクゥダフから。クエストはジュノ上層のLailaから受けられます。

回避も回復能力も高い踊り子ですが、ライラは命中も攻撃力も高く、ちまちま回復しているとすぐ負けます。ダンス・シャークバイトでだいたい300〜400台後半のダメージを食らうので、下手をするとWS+数発の殴りで倒されることもあると思います。準備はしっかりと。

オポ昏→ブリンクバンド使用→抜刀→ヘイストサンバ→戦闘開始→ダンシングエッジ→ステップ→イカロスウィング→ダンシングエッジ(炸裂)→ステップ→トランス→ケアルワルツIV→ステップ→ケアルワルツをしつつダンシングエッジ→R.フラリッシュ→ダンシングエッジ(炸裂)で終了。被ダメを見つつ、必要ならば早めにトランスを発動させるのが得策です。


●学者

クエスト名:グリモアを継ぐもの 依頼主:シュルツ(Schultz) 場所:王の間 難易度:超難しい

証は東ロンフォール〔S〕のオークから。クエストは現代のザルカバードにエリアチェンジしたタイミングで発生します。

レベル70限界クエストの中でも、悪名高き高難易度を誇るBFです。敵はSchultzとそのグリモアの二体。グリモアはランダムでいずれかの属性の魔法を吸収します。
クリア条件はシュルツを倒すことなのですが、シュルツだけをいきなり倒す戦法と、グリモアを倒してからシュルツを倒す戦法の二種類があります。グリモアを倒す戦法の場合、最初に撃った魔法が吸収された時点で勝率ががくんと下がりますw
学者にもストンスキンが開放されたり、補遺によって使える魔法が追加されたりした現在では、実装当事に比べてかなり難易度は下がりましたが、それでも強い相手です。

机上演習→黒のグリモア→黒の補遺→オレ使用→プロシェル、ストンスキン、アクアベール、ブリンク→ヒーリング→ストンスキンを切ってかけ直し→オレ使用→陣→虚誘掩殺の策→気炎万丈の章→グリモアに精霊IV→気炎万丈の章→疾風迅雷の章→グリモアに精霊III(グリモアが死ななければさらに精霊)→シュルツにディスペルを繰り返して、シェルをはがすor強化がないのを確認する→連環計→「気炎万丈の章+疾風迅雷の章→精霊」の繰り返し。

シュルツはHPがある程度減るまで近寄ってきません。なので、最初にしっかりディスペルをしてシェルをはがしておくのが重要です。こちらが強化している間にけっこうな数の強化魔法をかけています。グリモアは戦闘を開始するといきなり殴ってくる上に、シュルツを回復するので、個人的にはグリモアを倒してからシュルツを倒す戦法をおすすめします。


以上ものすごく長くなりましたが、いずれもレベル70当時(ジョブによっては75で挑戦)の記憶を探りながら、可能な範囲で詳しく書いてみました。これから限界クエに挑戦する方の参考になれば幸いです(´∀`)
posted by ネジマキ | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック