2012年07月17日

キャーリューサーン

リューサンAA

完全にネタジョブだった時代ははるか昔。アトルガンのコリブリメリポ突ひゃっほい黄金時代を経て、今はスターダイバーでトップアタッカーにもなり得る存在になった竜騎士。(新ナイズルでは骨対策で両手棍も極めてないといけなかったりはしますが)

この連休は竜騎士で乱獲に入ったりして、カンストさせてきました。

竜騎士

脚がポルキスディルなのに足がエースレギンスという残念さ加減が痛々しいですが、竜騎士99のできあがりです。型紙と五行はおいおい集めていくとして、問題は槍です。石印にお金はかかりますが、にわか竜騎士にはメイジャンSTRルートのナーフヴァルルが一番現実的な選択肢ですかね〜。

そんなことを考えつつグングニルについて調べてみたら、サンドリアゆかりのジョブなのに、一番多く要求される貨幣はトゥククなんですね。「アナイアレイター作るよりは安上がりだよなー」とか、「でももう裏は完全に飽きたんだよね…」とか、「金策めんどいww」とか色々考えて、しばらくパティエンスランスでいいやというところに落ち着きましたw

ひとまず竜上げはひと段落。暗黒を99にして装備を揃えなくては!まずはポルトスバーニーを手に入れないとな〜。

以下、竜騎士についてのとても個人的な駄文です。

私が竜騎士を上げていたのはアトルガン全盛期。まだ女帝や皇帝の指輪を使っての経験値稼ぎが主流だった頃でした。

ネタジョブ扱いされていた時代に裏LSで誰もロットしない竜AF2をベルト含めてコンプして、「でもまだレベル1^^」「ww」とか会話をしていたものの、ヒルブレPTが流行りだした頃から興味を持って1からソロで上げ始めました。ロンフォでオークを倒したり、ジャグナーでカブトを倒したり、そんなこんなでドラケンアーメットを装備できるレベルまで上がったところで、ジョブ性能がまったく変わったと思える程にヒルブレの性能が変わりました。

その後、レベル60ソロでとててのコリブリをチェーンしてウマーしていたらレベル上げPTに誘われて、心眼→ペンタでタゲ取り→心眼で交わしつつスーパージャンプなんて感じでひゃっほいして「竜って強いんですねー」とか言われて「突特攻ですからね〜」とか謙遜しながら実は有頂天になってたり。

そして竜や侍のフレを誘って3人エースヒルブレPTでプークを5〜6チェーンひゃっほいしたり。ル・オンの鳥でチェーンして荒稼ぎしたり。

この時期が一番楽しい時代でした。懐古厨ぽくてアレですが、ヒルブレでHPを維持しつつ、ジャンプとペンタで弾けまくって6人PT並みの効率で経験値を稼ぐ爽快感は、レベル上げの難易度が下がった今では体験できない楽しさでした。

GoVのぬるさも、ライトユーザーを取り込まないと生きていけないオンゲの宿命とはいえ、やはり爽快感や高揚感は感じられないんですよね。

今回、乱獲でサポ赤ヒルブレしつつ雲蒸竜変ひゃっほいして装備手抜きのレベル99アタッカーを超えるダメージを連発したりなんかしていたら、少しだけ当時の楽しさが感じられた気がしました。レストアブレスの追加などで、さらに立ち回りやすくもなっていますね。

取っ付きにくく、活躍の場も少ない印象がまだ拭いきれない竜騎士。もしかしたら、ジョブ取得クエストさえやっていない方もいるかもしれません。ですが、過去サンドクエでラーアルとシラヌスに会っている方には、ジョブ取得クエのストーリーはちょっと感慨深いクエストでもあるので、ぜひやってみることをおすすめします。


やはり時代は変われど、ジョブレベル上げはFF11の軸となるコンテンツの一つですね。竜騎士上げ、楽しかったです。某サーバーの髭の竜騎士さんみたいな極め方はできませんが、気が向いたらグングニルでも目指してみるかも?w

そんな妄想で楽しんだリューサンな連休でした。
タグ:竜騎士
posted by ネジマキ | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック