2012年07月25日

虹杖と属性杖の性能比較 イリダルスタッフ&チャトヤンスタッフ

ちょいと地味なバージョンアップでしたが、ナイズルでワープ時に位置がずれるようになったり、メリポのステータス枠の上限が24に増えたり(単一ステータスの最大値は12のまま)、プロテスが強化されたり(カンパニエでプロテス使う敵が恐ろしく強くなったとかw)、中身は意外に大きな変化がありました。

中でも一番の注目は、八種の属性杖を一本にまとめた性能に当たる通称「虹杖」こと、イリダルスタッフとチャトヤンスタッフの実装ですね。

イリダルスタッフとチャトヤンスタッフ

できれば、属性杖の性能をそのまままとめた性能であったら良かったのですが、違いがあるようなので各属性杖ごとに性能の比較をしてみたいと思います。

主な違いは、ステータス以外の性能の削除(攻撃力、被物理ダメージ−、魔法スキルなど)と、イリデセンス(天候の効果を大きく受ける)の二点です。以下はあくまでも属性杖との比較なので、メイジャン杖のことは考慮に入れていません。

●ファイアスタッフ・バルカンスタッフとの比較
虹杖では、「攻+10 飛攻+10」が無くなっています。飛攻+10目的で装備する狩人やコルセアにとっては、虹杖では代用品になりません

●アイススタッフ・アクィロスタッフとの比較
「精霊魔法スキル+10」が無くなっているので、ブリザド系精霊魔法の魔法命中率は基本的に下がることになります。ただし、天候が雪・吹雪の場合は従来よりも魔命が高くなる可能性もあります。

パライズについてはイリデセンス以外はほぼ従来通りの性能となります。熱波・灼熱波時は魔命が下がり、雪・吹雪時には上がります。

●ウィンドスタッフ・アウスタースタッフとの比較
「回避+10」が無くなっていますが、回避を上げるために風杖を装備するという場面が現在ではないので、イリデセンス以外はほぼ属性杖と同じ性能だと言って良いと思います。雪・吹雪時はエアロ系やサイレスやグラビデ系の魔攻・魔命が下がり、風・暴風時には上がります。

●アーススタッフ・テラスタッフとの比較
「被物理ダメージ-20%」が無くなっていますが、こちらも現状では被物理ダメージ−目的で土杖を装備するシチュエーションがかなり減っているので、こちらもイリデセンス以外ほぼ属性杖と同じと言えます。風・暴風時はストーン系やスロウ系の魔攻・魔命が下がり、砂塵・砂嵐時には上がります。

●サンダースタッフ・ジュピタースタッフとの比較
「クリティカルヒット+15%」が無くなっていますが、これは炎杖と違って遠隔攻撃には効果がないので、またまたイリデセンス以外ほぼ属性杖と同じです。砂塵・砂嵐時はサンダー系やスタンの魔攻・魔命が下がり、雷・雷雨時には上がります。

●ウォータスタッフ・ネプチュンスタッフとの比較
「神聖魔法スキル+10」が無くなっていますが、元々神聖魔法を唱える場合は光杖の方がベターだったので、またもやイリデセンス以外ほぼ属性杖と同じ。雷・雷雨時はウォータ系やポイズン系の魔攻・魔命が下がり、雨・スコール時には上がります。

●ライトスタッフ・アポロスタッフとの比較
ケアル回復量はそのまま受け継がれているので、性能の差はイリデセンスのみです。妖霧・闇時はケアル系の回復量やバニシュ系・ホーリー系・リポーズの魔攻・魔命が下がり、オーロラ・神光時には上がります。

●ダークスタッフ・プルートスタッフとの比較
「ヒーリングMP+10」はそのままです。ステータスが上がっている分、イリデセンスを考慮しない基本的な性能はわずかに上昇しているということになります。オーロラ・神光時はドレイン系・アスピル系・バイオ系・スリプル系の魔命やコメットの魔攻・魔命が下がり、妖霧・闇時には上がります。

と、こんな感じです。

大雑把な結論としては「飛攻目的以外では、ほぼ属性杖と同じく使えそう」という感じでしょうか。特に、上記では触れていませんが、召喚獣の維持費にイリデセンスの効果は関係ないようで、召喚士用には属性杖とほとんど変わらない性能と考えて良いようです。

ただ、やはり気になるのはそのイリデセンスです。常に特定の天候が付いているデュナミスやナイズル、その他天候の付きやすいエリアでは、天候の影響を考える必要があります。

イリデセンスの具体的な数値の検証は難しいと思いますが(特に魔命)、「天候の状況によっては属性杖以下の性能になる可能性がある」という含みがあることは、間違いありません。

現状の競売での取り引き価格を見ると、作るのが簡単なのに錬成をやっている人が少ないために、材料をすべて競売で買って作って売るだけで黒字になる状態です。今買うのはおすすめできません。イリデセンスの効果が高いにしろ低いにしろ、取り引き価格はいずれかなり低い値段で落ち着くでしょう。

どうしても欲しいならば、今後を考えて錬成と木工を上げて自作した方が無難だと思います。NQは材料がNQ属性杖、HQは材料がHQ属性杖なだけで、会心の錬成(錬成でのHQ)を狙う必要がない上、必要スキルも錬成難易度もかなり低いです。今の相場は完全にぼったくりだと思います。

ただ、もっと今後のこと――アドゥリン以降のことなどを考えると、より上位の敵と戦う場面が多くなり、天候についても新しい土地ではどうなるか分からない状態です。天候に性能が左右される虹杖を手に入れるのが得策なのかどうか……。

個人的には、特に性能が上がるわけではないので見送り、という結論です。天候の恩恵を受けたいならば属性帯を作った方が確実ですし、やはり属性杖に比べてデメリットが生まれるのは良くありません。

必要な種類の杖だけメイジャン杖に変えていければベスト。持ち物の空きは、属性杖をまとめるのとは別の手段で確保するのがベターだと思います。

まずは、家具からのアイテム出し入れがどの国のモグハからでもできるようになる機能をできるだけ早く実装してもらいたいところですね!
posted by ネジマキ | Comment(0) | TrackBack(0) | 装備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック