2013年04月14日

レイヴやら何やら アドゥリン発売から2週間の感想

なんやかんやでアドゥリンが発売されてから2週間が経ちました。
5年半ぶりの追加ディスク、みなさんの印象はいかがでしょうか?

一言だけで言い表すなら、「やはり新しいミッション・クエストは良い!」というところでしょうか。
ミッションに関しては、イベントシーンがものすごい中途半端なところで
実装分が終わってしまっていて、話の区切りが曖昧な感じがしますが、
それでも新しいストーリーは楽しいです。

VW、エコーズ、新ナイズル、サルベII、バローズなど、バトルコンテンツにばかり偏っていた
アビセア以降のこの2〜3年は、やはりストーリー性についてはかなり貧弱だったと改めて思いました。
フィールドマップが迷路過ぎて、コロナイズ・レイヴがあわさって最凶ではありますが、
新エリアも目新しさがあって良いです。

ただーし!今のところワークスクエストと二本柱のメインコンテンツな位置づけ(?)なはずの
レイヴに関しては、まだまだ調整不足の感が否めません。

報酬の調整が一度入りましたが、多人数参加で乱戦になりやすく、
戦略性を持って攻略するのがかなり厳しいです。

寝かせをしても、他の人が戦績目当てに殴りやイオリアンなど起こして
なおかつタゲを取っていかないで寝かせ役を見殺しにしたり、
範囲攻撃をもつ雑魚を障害物付近でキープして他の人を巻き込んだり…と

ただでさえ人が減って、ソロや少人数のLS単位で行動する人が多い現状です。
戦績目当てでそれぞれが行動すると、開発が想定しているような
多人数間での役割分担をしての戦闘は、かなり無理があります。

加えて、戦闘エリアが限られているのでキープや各個撃破や寝かせなど、
分担する役割をこなすスペースがかなり限られているか、
あるいは場所によってはまったく無かったりします。

もちろん、報酬査定の調整も必要でしょうが、もう少し根本的なところでの
調整の方が優先されないときついなと思います。

ひとつの案としては、人数制限を課すと戦略を立てやすくはなると思います。
現状のレイヴでも、10人前後での攻略だとそれぞれ他の人の立ち回りも見えやすく、
協力して制圧までもっていけることが多いです。

それ以下の人数だと制圧自体が厳しくなり、
それ以上の人数だとほぼ乱戦状態になることがほとんどな気がします。

ただ、人数制限をしたら確実にさらに人気は落ちるでしょうねw
難しいところです。とりあえず支援役の査定のさらなるアップと
戦闘範囲の調整、この二点は急務だと思います。

というわけで、自分がやってきたレイヴの感想や稼げた戦績などを以下につらつらと。


まずはレイア・レイヴ。

レイヴその1

コロナイズ・レイヴに比べて稼ぎにくく
戦闘範囲も狭くて攻略しにくいので、PCKワークスクエスト目的の人以外はほとんど参加しません。
不人気です。

個人的に最も攻略しやすかったのは、青魔道士。
サポでプロ・シェル・ファラ・ストンスキン・ブリンク(もしくはオカルテーション)
・アクアベールなどを唱えて、コクーンをかけて巣を殴り、
雑魚がからんできたら夢想花やヤーンなどで寝かせ。
敵が格上なので半レジが多く、敵を寝かせ続けるのが少々きついですが、
何度か離脱→再突入を試みれば、場所によってはソロでの制圧も可能です。
ただ、再突入の10分がかなり長くて苦痛ですw

それと、稼げる総戦績が一度のレイア・レイヴ(レイヴエリアに突入してから
離脱を数度挟んで制圧するまでひっくるめた合計)で1000に届くか届かないかくらいなので、
まったく割に合いません。

次にコロナイズ・レイヴ。

レイヴその2

モリマー台地だと、場所によっては遠隔で遠くからちまちま岩だけ壊すことも可能なので
狩人ソロでやってみました。

結果としては激マズですw
矢玉使いまくって1時間強かけて一人で障害物を削りきって、総戦績2000前後です。
当然、短時間で終わる乱戦レイヴに参加しても、遠隔ジョブでは総ダメでも
攻撃回数でも近接に劣るので、稼げません。

殴りジョブで乱戦のコロナイズ・レイヴに参加して適当に殴っていれば
5分〜10分程度で制圧できて1200〜2000ベヤルドくらいはもらえるので、
遠隔ジョブで参加する意義がなったくないです。
金かかる、稼げない、タゲとったらすぐ死ぬと、良いとこなしです。

遠隔査定の引き下げはまったくの失敗と言って良いと思います。

いずれにしろ、今の状態では「みんなでのりこめー!」→「待ち時間」の繰り返しで
それなりに、まわっちゃってる様子。

レイヴその3

フォーラムでユーザーの報告を待つよりも、
実働サーバーに透明GMでも置いてログを読んで見たらいいんじゃないの?
と、少々不満も残るアドゥリン開始2週間でした。
posted by ネジマキ | Comment(0) | TrackBack(0) | アドゥリンの魔境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック