2013年05月29日

メナポの立ち回り 暗シコ白学で参加してみた雑感

油断してたら、2週間も更新していませんでした。

仕事が忙しくて休みがあまりなかったせいもあるのですが、
帰宅して食事と風呂を済ませて時間がある時は、積極的に
メナスインスペクターで雑魚乱獲のメナスプラズム稼ぎ、
通称メナポに参加していたので、記事を書く時間がありませんでしたw

暗黒用の装備は、ミキナクType Bの命中ルートもそれなりに強化したのですが、
ベリーヴァーをType Aで強化してしまったせいで、少々迷走気味になって
リキッド注ぎ込みを中断しています。
おかげで次は何を強化しようか、交換しようか迷いまくり。
良いのか悪いのか、メナスプラズムはたまる一方です。

メナポ

それでも、命中を確保した上でレッドカレーパンを食べられるようになって
かなり削りはマシになったと思うのですが、命中・攻撃が足りて
ストアTPもそれなりに確保できていれば、やはり余剰をマルチアタックに
割ける人の方が強いわけで、パクコルセレットやエニフ胴やオグメアルマダで
極めた暗黒さんにはかなうわけもなく、タル暗黒はやや封印気味。
最近はコ白学などで参加することが多くなりました。

前衛、回復、釣りと、
ナイト以外のジョブではそれなりに参加回数を重ねてきたところで、
気づいた点や気をつけたほうが良いなと思った点などを、
ジョブごとにまとめてみようと思います。

まだまだ攻略法や編成、立ち回りも試行錯誤の段階なので未熟ですが、
参考になれば幸いです。

ちなみに、編成は

 PT1:ナ×2、白or学×2、釣り×2
 PT2、3:暗前前詩コ学

のアライアンスでの攻略を前提としています。

■暗黒騎士

まずは、相変わらず前衛の削り能力トップをゆく暗黒騎士。
アビリティも魔法も優秀なものが揃っていて、前衛としての能力は頭一つ抜けています
カオスロールのジョブボーナスもありますし、アタッカーPTに一人は必須なジョブです。

ただ、両手剣とレゾに振ってベリーヴァーとミキナク装備をそれなりに揃えてさえいれば、
(あるいは部位的にカリエイ装備でも、かなり十分なレベルで)
削り役として活躍できる=ダメージを出せるので、
ダメージを出せるだけで満足してしまう人と、それ以外にも手を回そうとする人とでは、
削り役だけでないオールラウンダーの前衛としての能力にかなりの差が出るジョブでもあります。

具体的に言うと、ただただリキャごとにラストリゾートして殴り、
魔法もバッシュもまったく使わない、挙句の果てに他の人と違う敵を殴る……
そんなダメ暗でも、与ダメだけで見れば、がんばっている侍や超がんばっている竜騎士と
同じくらいは削れてしまうという感じです。

こういうダメな暗に当たると、

(1)釣られてきた敵や寝かせてある敵のタゲ取り(ミサイル防止)を、
   すべて他の前衛に負担させることになる。
(2)他の前衛がタゲ取りアビ・魔法に時間を割くことになり
   相対的に削りはダメ暗が伸びる≒がんばっている他の前衛が強い場合、
   本当なら全体的な総ダメージ・撃破数はもっと上を狙える可能性がある。
(3)ダメ暗がWSを撃つことが多くなり、WS後タゲを取るケースが増えるが、
   ダメ暗なので敵の特殊技を止めたり、戦闘の合間にドレスパを唱えるなんてことも
   ほぼしないので、学者の負担が増える≒学者がミスる確率が増えたり、
   詩やコが学者をサポートする手間が増え、効率が落ちる。

こんな感じで稼ぎが落ちてしまいます。

では、どんな動きをすればダメな暗黒ではないのか。
それは、周りの動きに合わせて、削り以外の行動でも貢献できる暗黒。
臨機応変の一言です。

難しいように見えて、まあ実際難しくはあるのですが、
とにかく周囲の状況を見て、殴るだけじゃなくて動きを変えることができる……

例えば、

戦士が挑発したらその戦闘ではターゲッターを任せて
リキャを見つつアビを使って削りに専念して、
次の敵は戦士の挑発のリキャが来ていないからスタンで初手を取る

敵のポップ位置が偏って待ち時間が発生した時は
積極的にエンダーク(暗黒魔法スキル装備着替え)と
ドレッドスパイク(HPアップ装備、BLキュイラス+2着替え)を唱えて、
リフレもらってもMPが足りなかったら
攻撃していない時はリフレ装備に着替えることも忘れない

あとWS一発+αで削りきれそうだけど、
自分はTPがたまるかどうかギリギリor他の前衛のWSがそろそろくる頃だから
ガイストウォールやフィラメンテッドホールド防止のために
スタンやバッシュを入れておく

他の前衛のジョブとWSを撃ったタイミング・TPのたまり具合を
だいたいでもいいから把握して、うまく合いそうな時は連携を狙う

ラスリゾ中はデスペレートブローでキャップを超えた分のヘイスト装備を
命中や攻撃やマルチアタック装備にまわせるよう、マクロを組んでおく


もちろん、暗黒騎士の本分は削りですし、
上記のいずれも基本的な立ち回りではあるのですが、
周りに合わせて動くとパーティ全体の動きが噛み合うようになって、
稼げるメナスプラズムが増えます。

稼ぎが増えるのでうれしいし、動きが噛み合うと
やはり上手に立ち回れている楽しさもあります。

削れるだけでなく色々とできるジョブなので、その能力を生かすか殺すかで
敵を倒す効率は確実に変わります。

ただ、色々できるからといって、何でもやろうとするのも×です。

例えば、よほど必要な時以外は、スリプルやバインドよりも殴りを優先して、
近くにいる後衛が足止めできそうなら任せちゃうかスタンで補助程度にしないと、
当然、敵がなかなか沈まないので釣ってきた敵がたまりやすくなったり、
返って後衛の負担が増えることもあります。

この辺りは結果論になることも多いので一概には言えないのですが、
一概には言えないので、臨機応変という結論になってしまいます。

とにかく削りつつ、パーティ全体が効率よく動けるようなサポートも
削りがおろそかになり過ぎない範囲で行う。
そしてその結果を見つつ、何も考えずに殴り過ぎたかなと思ったら軌道修正
ちょっとサポートに偏りすぎたわと思ったらまた軌道修正
そんな意識が頭にある暗黒さんは、削りだけでなく
前衛としてのトータルの能力でもトップだと思います。

最後にサポートジョブについてですが、後衛の負担を減らすために暗/忍というのは
NM戦用のチューンでもなければ必要ないと思います。
サポは侍or戦。ミキナクのTypeや他装備との組み合わせも含めて、
命中・攻撃力・ストアTP・ヘイストを考えつつ
自分で最も活躍できると思うサポを選べば、それで十分だと思います。


■シーフ

盾PTに入って2つのアタッカーPTのどちらかに専属で付いて、
釣り・トレハン要員として動くのが今のところのシーフの役割ですが、
その立ち位置はかなり微妙な状況です。

理由は、釣り役として動こうとするとすべての敵にトレハンを乗せるのは難しく、
すべての敵にトレハンを乗せようとすると釣り役としてはあまり機能しない、というジレンマ。

「釣り効率」と「トレハン=リキッドのドロップ率」の
どちらを重視するかは主催プレイヤーの考え方次第になってしまい、
それが他の参加者の考え方と噛み合っているかどうかは不確定。

シーフの役割が釣りなのかトレハンなのか、それが他の釣り役(詩コ)や
回復役の学と合っていないと……

例えば、釣ってきたのに寝かせ役が学しかいない
(釣り詩コはシーフをトレハン役だと考えて、自分たちは積極的に釣り)
→シーフが被弾or学がケアル→学がアタッカーの補助に徹底できない……

なんてことが度々起こって、釣りもトレハンも中途半端、
状況によっては殲滅速度を下げることにもなりかねないという、
かなりあやしい立ち位置です。

加えて、

 (1)敵のレベルが格上なので、回避装備のサポ忍で釣りをしても
    複数の敵を釣ったり、ダイアマイトやブガードなどの移動速度が速い敵を釣ると
    被弾することはあり、自己回復もてきないので、
    とんずらやファジンブーツを考慮しても釣り役として完璧なジョブとは言いがたい
 (2)トレハンのあるなしの差は大きいけど、トレハン2(サポシ)と
    それ以上(メインシ)でのリキッドのドロップ率の差はそれほど大きくなく、
    殲滅効率をもっと上げられるサポシジョブ(+トレハンサッシュ)があれば
    殲滅数の増加でトレハンの差を相殺できてしまう
    (ただし、個人報酬のリキッドとアラ全体の報酬の殲滅メナスプラズムでは、
     どっちが大切かの比較基準は人それぞれとしか言いようがありません)

といった事情もあり、シーフの動き云々の前にシーフの参加枠自体が
必要なのかどうかも危ぶまれている有様です。

今後雑魚だけでなくNM〜ボス討伐を絡めたメナポが主流になっていくとなれば、
ボスの装備品やリキッド+1のドロップ率も考えて必要枠は確保されていくのかなーと
予想はしていますが、雑魚乱獲の現在のメナポでは、正直言って
移動速度12.5%↑アップ装備があるなら、赤/シでも学/シでも獣/シでも青/シでも
色々と替わりになるジョブはあるとは思います。

話が逸れました。
メナポ雑魚乱獲でのシーフでの動きですが、主催に
「釣り重視」なのか「トレハン重視」なのかを聞いて、それに従う。それだけです。

「釣り重視」なら、詩コでは手が回らない範囲まで釣りに回れば良いですし、
「トレハン重視」なら担当PTのキャンプ周辺の敵をそれなりに釣りながら
すべての敵に当たらない遠隔やぬすむなどのアビ、弱体忍術などで
寝ていても起こさないようにヘイトを乗せればOKです。

ただし、殴りっぱはNGです。敵の殲滅は両手アタッカーの仕事ですので、
強化ももらえない状態で、しかも短剣二刀流でわざわざ与TPをさらに加速させて
エクゼンテレターとか……ライトショットを撃たずにファイアショットから
ワイルドファイアを撃つコルセアと同じくらいダメな動き方です。

それでもコルスカンティやアステリアで平気で殴り続けるシーフがたまにいるので、
そういう時はやんわりと注意してあげるのが吉だと思います。
シーフは「釣り」か「トレハン」の係であって、削りは期待されていません


■コルセア

コルセアの役割は、まず第一にロール、第二に釣り
ファントムロールの効果時間は長いので、一通りロールをかけてしまえば
釣りに専念できるのも強みです。
即発動の寝かせライトショット、移動速度アップのクリム脚・エルメスサンダル・スカ足があれば
一匹ならそれなりの距離を釣ってくることが可能です。

ファントムロールのかけ方は、とにかく切らさないことが重要です。
なので、ヴォイドウォッチみたいに11が出るまで延々と振り続けるのは愚の骨頂。
スネークアイは、アンラッキー回避とラッキー狙いにがんがん使いましょう。
少なくとも戦闘開始から前衛にロール2つが常にかかっていないと、その時点でもうダメです。

とにかく常に前衛にはカオスとファイター(命中が足りないならハンター)、
学者にルザフリング外してエボカー、敵が足りていなかったらボルターかけて釣り、
という感じにして、自分にかかっているからロールをまわせないという状態は作りません。

ルザフリングの付け外しのマクロを作っておけば、学者の位置を見つつの
エボカーかけ分けは簡単です。

サポは白赤忍あたりが定番です。

白赤は魔法での釣り、ディアII補助、回復補助、状態異常回復補助(白)、
リフレ・ファラ(赤)といったメリットがあり、万能です。

忍だと被弾を蝉で避けつつ詠唱の早い遁弐で釣りができるメリットがあるのですが、
他の人の補助がまったくできないのと、コ/忍にしたところで
劇的に釣り適正が上がるわけではない
(蝉を張ってもブガードを遠距離で楽に
釣れたりするわけではない)ので、個人的にはサポ白赤がおすすめです。

コ/忍では釣れるけどコ/白やコ/赤じゃこれは釣れない、という敵はいません。
「コ/忍で突入してみたら殲滅遅くて被弾多いPTだった!
あまり釣れないしサポ忍意味ない!」というシチュエーションはあっても、
「コ/忍で来ていたらこれも釣れたのに!」とい場面は今まで遭遇していません。
通路の回りこみで敵が迂回してくれるので、移動速度アップ装備さえあれば
コ/白でも普通に釣ってこれます。

それと、ランダムディールは自分のアビ(主にスネークアイ)の回復狙いで使うのではなく、
ラスリゾやバーサクや黙想など、前衛のアビ回復を目的に、タイミングを見つつ
できるだけ多く使う
のが○です。


■白魔道士

最初の頃はアタッカーPTに白が付けられることもありましたが、最近はナイトの補助専門です。
そのナイトの補助も学者になることも増えてきているので、参加枠がないこともあります。

ただ、MPが足りていれば事故率は学者よりも白の方が低いと思います。
リジェネVはありませんが、ソラスケアルのストンスキンが優秀なので、
サポ赤でリフレ・コンバートしながらケアルIIIと状態異常回復モード、
敵の特殊技発動の構えが見えたらケアルIIIかVでスキンをかけておいて、
さらにケアルIIIorV→必要なら状態異常回復を繰り返すだけです。

それと、白と学をやった人は誰でも身に染みて知っていると思うのですが、
(学上げてて白上げていないという人も少ないと思います)
ケアルと状態異常回復魔法の詠唱速度は、白とその他のジョブの間で
埋められない差があります

回復の瞬発力なら白、持久力なら学、といったイメージですが、
担当するナイトとキープするNMが同じなら、白でも学でも
補助に付いた結果に変わりはほぼありません。
この辺りはナイトの動きとの相性もあるので、どちらが良いとは言い切れないですね。


■学者

オーラの効果が大幅に下方修正された現在では新ナイズル実装時ほどの破壊力はありませんが、
それでも学者の優秀さは変わりません。アタッカーPTの回復役は、もはや学/赤が不動です。

基本的にはヘイストと女神+令狸リジェネVをかけながら、
戦闘開始したらディアII入れて、状態異常回復とたまにケアルIIIを飛ばす感じです。
前衛へのヘイストはリキャスト的にもMP的にも普通に回せるので、
無理に令狸をつける必要はありません。

これに加えて、スリプルやバインドでキープ補助、釣り役の回復、ディスペル、
女神+令狸ファラ・熱波の陣などを適宜かけ、使い時を逃さない程度で
折を見て連環計→オーラをばらまいていればOKです。

たいていはピアニッシモバラバラをかけてもらえるので、机上演習だけでMPも十分もちます。
開始時の女神プロシェルは、モリマーなら消される可能性があるのでログに出るよう中で、
ケイザックなら突入前に令狸付きで1突入まるまる持つようにかけています。

とにかく女神+令狸リジェネVと女神イレースの使い勝手が良いです。
女神+令狸リジェネVとヘイストさえ切らさなければ、それだけで
アタッカーパーティが崩れることはまずありません。
崩れたなら、前衛が弱いか釣り過ぎか、もしくはNMがからんだかのどれかです。

ナイトの補助の場合は回復専門になるので、この動きがさらにシンプルになるだけです。
リジェネVを維持していれば、難易度は白と大差はありません。

ただし、無理をしてナイトに近づいて女神+強化魔法とかはやらない方が無難です。
普通にヘイストとリジェネVを切らさないで、ケアルIII、IVと状態異常回復をしていれば、
あとはナイトの腕次第です。



間が空いた分、かなり長くなってしまいました。
これから参加する方の参考に少しでもなっていたらうれしいです。
posted by ネジマキ | Comment(0) | TrackBack(0) | アドゥリンの魔境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック