2013年07月20日

2013年7月VU後のアドゥリンもろもろ フルカン、ユムカクスなど

7月のVUから10日ほどが過ぎました。
モグガーデンや新七支公、新ミッション・クエスト、アイテムレベルの実装、
継続ログインキャンペーンなどなど、いろいろと追加要素がありましたね。

色々とありすぎたのでまとめるのも大変。
なのではなっからまとめる気なしサジ投げっぱなしで
行ったり見たりやったりしたものを、もろもろ書き連ねてみます。

■ワークスランクの上限解放、ワークスコール追加

ワークスランクの上限が、これまでの3から1つ上がって4になりました。
VU後一度コンクェストをまたいだ2013年7月15日以降は、どのサーバーでも
各ワークスともにランクが4に上がって、建物が二階建てになっていると思います。

例えばマッマーズワークスだとこんな感じです。
ただし、今のところ二階に上れたりはしません。残念。

マッマーズワークス二階建て

それと、各ワークスの戦績交換品やマッマーズメダルの交換品も追加されています。

そして、各ワークスのプレイヤー評価も上限が解放されて、
これまでのルーキー→スタッフ→パートナー→アドバイザーのさらに上に、
→アーティスト→チーフと2つの上位ランクが追加されています。

VU前にアドバイザーになっているワークスでたくさんチケットを使っていても、
アーティスト以降への昇格はVU後のチケット消費のみの判定。
VU前にアドバイザーになった上で何枚もチケットを消化していても、
アーティストへの道は0からの出発になります。

おそらくチケット25枚消化でアドバイザーからアーティストになれます。
チーフはまだ確認できていませんが、ワークスのランクも1しか上がっていませんし、
もしかしたら8月のVUからの実装かもしれません。

プレイヤー評価がアーティストにランクアップすると、これまでの評価アップ時と同じように
受けられるワークスコールが増えます。

私は新エリア2つの拠点物資(フロンティアステーション建設)をこなしたかったので、
VU前にためておいたチケット(適当に受けておいたワークスコールをキャンセル→
チケットに還元など)をフルに使って、クーリエワークスの評価を上げました。

当初はチケット20枚消化で評価アップという情報もありましたが、
20枚ではランクアップできませんでした。おそらくは25枚だと思います。

無事、コンクエまたぎでFSが建設される前に拠点物資を届けることができました。

拠点物資

FSが建設されたので、新エリアのマリアミ渓谷とヨルシア森林にWaypointと
フロンティアビバック建設予定地が追加されています。
ただし、クーリエワークスのアーティストになっていても、
新エリアの戦線物資ワークスコールが追加されていないので、
FBのWaypointは今のところ出現していません。
※2013年7月22日追記 マリアミにFBが建設されたので、
チーフ、戦線物資コール共に実装されているようです。



■マリアミ渓谷とヨルシア森林の実装

新エリア「マリアミ渓谷」と「ヨルシア森林」、「ドーの門」が実装されています。
スカウトワークスのランクも上がり、いずれのエリアの地図も
戦績と交換できるようになっています。

まずはドーの門。

ドーの門

エヌティエル水林とマリアミ渓谷をつなぐエリアで、
エヌティエルの#4の南、ヴェルクとクロットが徘徊している小部屋の
南西のくぼみから侵入できます。

マリアミ渓谷へはコロナイズ・レイヴなしで直接移動できて、
インスニを見破る敵も、この道中にはいません。

ツタを上れるようになるクライムスキル+ヴェルクグローブ(どちらもだいじなもの)は、
マリアミ渓谷に入ってすぐ、FSにいるガルカから受けられるクエストで入手できます。

まずはエヌティエルからマリアミへ抜け、このクエストをこなすのが良いと思います。
マリアミ内のヴェルクの集落を調べてくるだけの簡単なおつかいです。

というわけで、こちらがマリアミ渓谷。

マリアミ渓谷

現在はFS建設済なので、着いたらまずはWaypointを開通させておきましょう。

クライムスキルはFSにいるToppled Treeからクエストを受けて、
Velkk Cacheを調べてだいじなものを入手、その後依頼主に話してから
FS西のツタでイベントを見ればクリアです。
ツタを上り下りすることで、コロナイズ・レイヴを避けて先に進んだり、
七支公フルカンとの戦闘エリアへの移動が可能になったりします。

レイヴでは一定以上の評価を得ると、新装備のジョブマントが手に入る可能性がありますが、
現在はレイヴに人が殺到して即終了、遠隔ジョブなど一部のジョブでは
アイテムが入手できるほどの査定が稼げない場合が多いです。

例え稼ぎやすいジョブ(ソロが得意なジョブや回復ジョブなど)であっても、
障害物の破壊を遅らせて、雑魚のリポップを待って雑魚討伐数を増やさないと
すぐにレイヴ終了でマズい状況です。

次に、シルダス洞窟から移動できるヨルシア森林……と言いたいところなのですが、
ヨルシア森林のマップはエルシモ地方(ユタンガ大森林・ヨアトル大森林)の地図みたいに
あまり地図になっていないというか、道が分かるような代物ではないので割愛しますw

ヨルシア森林へは、シルダス洞窟のJ-7(通路が途中で
東側へ消えているところ)から侵入できます。
J-7へはヤッセからシルダスに入るか、スカームの入口へのワープから向かうのが
良いと思います。ドーの門を経由すると、途中にコロナイズ・レイヴがあるので厄介です。
それと、ヨルシア森林への道はクライムスキルがないと通れないところがあるので、
まずはマリアミ渓谷でクライムスキルを手に入れるのが先決です。

ヨルシア森林も、入ってすぐの場所にFSがあるので、まずはWaypoint開通。

ヨルシアは、ところどころに時間経過で開閉する草むらの障害物があって、
イフ釜の溶岩のように行く手を遮られることがあります。
どの草むらにも迂回路はあるようなのですが、視覚見破りの
パノプトが配置されているので、移動に手間取ります。

七支公ユムカクスとの戦闘エリアは、E-9です。
回り道をしながら、ひたすら西を目指すと到着します。


■新七支公フルカン、ユムカクス

新たに2体の七支公が追加されました。
マリアミ渓谷はバード族のフルカン(Hurkan)、
ヨルシア森林はプラントイド族のユムカクス(Yumcax)です。

どちらも戦闘エリアが狭めで、さらに強力な範囲攻撃やスリップフィールドが
あったりするので、ボスをやる位置と回復役が立つ位置、雑魚を倒す位置を
それぞれ分けて戦わないと、全滅する可能性もある強敵です。

まずはフルカンですが、こちらはマリアミ渓谷のコロナイズ・レイヴが
ジョブマント目当てで攻略されまくっているので、
コロナイズ・レートが高くなっていて=フルカンが弱体されていて、
1アライアンスでも1時間半ほどで倒せる感じでした。

1000ダメージを超える広範囲ダメージ+スタン技があるので、
回復役は十分に距離をとった上で、常にストンスキンを張っておきたいですね。
ボスを殴るのはHPの高いモンクや戦士のみの方がいいと思います。
帯電したようなエフェクトは土属性ダメージではがせるようなので、黒召学なども活躍できます。

私はコルセアで参加して、主にケアルや被ダメで査定を稼ぎ
両手鎌のシャバランケをゲットしました!

シャバランケ

メキラと合わせると、とっても蛮族な感じ( ´Д`)

そしてもう1体の新七支公ユムカクスですが、こちらはフルカンとは対照的に
コロナイズ・レートの上昇で難易度が上がってしまっています。

物理ダメージのカットが強力なので、レートが低いと物理ダメージはほぼ0なのですが、
この状態だとクイックドローや夢想無念で削りつつ、与TPが極力抑えられた状態になるので
特殊技があまり発生せず、モコの人数が揃えばそれほど苦労もなく倒せてしまいます。

ところが、レートが上がってきて物理ダメージが少し通るようになると、
物理前衛が殴って一桁ダメージを与える→与TPマッハ→特殊技連発→壊滅という
負のスパイラルが待ち受けていますw

特殊技に死の宣告があったり、
盾が死ぬと一桁ダメの前衛ではなく回復役にタゲが向いて即死したりで、
下手に物理ダメージが通ると凶悪さが増してしまって強敵になります。

こちらもコルセアで一度挑んだのですが、まさにこの与TP地獄に陥りましたw

それと、どうやら戦闘不能になってヘイトが切れても、
フィールド内の誰かが敵にヘイトを乗せると
参加している全員がヘイトリストに乗るようで、
入口で衰弱待ち→突入してきた人なんかが雑魚を狩る→他の人たちが衰弱なので倒される
→衰弱待ちのところに敵が向かって行って無双→全滅
を何度か繰り返したところで、諦めました。
残念ながらまだ討伐できていません。


他にも新クエストやモグガーデンなど、いろいろとやれることが広がったのですが、
それはまた後日!長くなってしまいました。

そうそう、先日オアティをゲットして1振りのしょぼい四神円舞ではしゃいていましたが、
連環六合拳の方が全然強かったですw
とてくらいなら3000ダメを超えることも珍しくありません。からくり活動が捗ります。
posted by ネジマキ | Comment(0) | TrackBack(0) | アドゥリンの魔境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック