2016年04月30日

イオニックウェポンへの道その1 エスカ-ジ・タ編

4ヶ月ほどかけてイオニックウェポンを作ることができたので、
2つめ以降の自分用のメモとして、それと、これから作ろうという方の
参考に少しでもなればということで、イオニックウェポンの作成と
ギアスフェットの攻略についてメモ書きをしてみたいと思います。

まずは作成開始からエスカ-ジ・タの攻略までです。
長いので折りたたみます。


■イオニックウェポン作成の準備

まず、イオニックウェポンを作るための条件として
ヴァナ・ディールの星唄を最後まで終わらせていることが最初の条件です。
そして、醴泉島のワープから「星唄の煌めき【終奏】」を使って飛んだ先にいる
2人のゴブリンの内、右側のTemprixに話しかけて、エスカビーズを支払います。

要求されるエスカビーズは話を聞くたびに増えていって、
10、100、1000、とその後に1必要となり、下準備の段階で
エスカビーズ1111が必要になります。

この後、欲しい武器・盾・楽器に対応したジョブでTemprixに話しかけると、
「灰色の○○」というイオニックウェポンの元となるだいじなものを
50000ビーズと交換でもらうことができるようになります。
この「灰色の○○」をもらうことがまずスタートです。

なので、最初の段階で51111ビーズが必要になるのですが、
エスカンセラーとエスカンネフで取得ビーズの最大値を拡張していても
最大50000までしか持てないので、随時ビーズを稼ぎながら進めていくことになります。
ちなみに、2周目以降は最初の1111ビーズは不要です。

エスカビーズを稼ぐ手段は、エミネンスでビーズの小袋がもらえるものをこなしたり、
ギアスフェットのNMを倒したりなどの手段がありますが、
一番効率が良いのは醴泉島のドメインベージョンです。
というか醴泉島のドメインをしない限りビーズ50000は相当きついです。
ドメイン以外でのビーズ取得料は1桁〜2桁程度ですが、
島ドメインなら300くらいからドメイン効果が付いていれば
1000程度のビーズを1回のドメインで稼げることもあります。

知り合いフレンドを誘ったり、人がドメインに集中している時を狙ったり、
/yellで参加を呼び掛けたりして数をこなしましょう。
雑魚を寝かせたり始末したりできるジョブがいれば、
10人くらいからQuetzalcoatlの討伐は可能です。

何はともあれ、まずはエスカビーズ貯めです。

そして、ビーズ50000と引き換えにだいじなものが取得できたら、
まずはエスカ-ジ・タのギアスフェットNMすべてを討伐してゴブに報告をします。

ギアスフェットNMの攻略ですが、ほとんどの敵は
学者で連携を出して黒がMBで敵を削る戦法で倒せます。
MBで倒せる敵の基本構成は、盾白黒黒学風です。
風水魔法はアキュメンorフォーカス・マレーズ、連携は敵ごとに弱点属性を突きます。
MB構成だけですべてのNMを倒すことはできないのですが、
人数はジ・タに関しては1PTですべて倒すことができます。

学者の連携

レベル1連携
土・切断 エアロ>ストーン or ファイア>ストーン
水・振動 光門の計>ウォータ
風・炸裂 ストーン>エアロ
火・溶解 サンダー>ファイア or ストーン>ファイア
氷・硬化 ウォータ>ブリザド
雷・衝撃 ブリザド>サンダー
光・貫通 闇門の計>光門の計(基本使わない)
闇・収縮 ブリザド>闇門の計(重力で良い)

レベル2連携
火光・核熱 ファイア>サンダー
水氷・湾曲 光門の計>ストーン
風雷・分解 ブリザド>ウォータ
土闇・重力 エアロ>闇門の計

※計は詠唱が長いので早めに唱えるなど工夫が必要


■エスカ-ジ・タ ステップ1

◇Wepwawet
ケルベロス。
いきなりですが、MBで倒すのは難しいです。物理攻撃PTで挑みます。
盾前前白風に赤か詩でも混ぜて、ブレクガやユルレーションの麻痺に備えつつ、
前衛で殴り倒します。連携も混ぜていくと◎です。

◇Lustful Lydia
モルボル。
溶解or核熱のファイアMBで。臭い息がヘイトリセットですが、
黒のMB装備が揃っていれば連携2回くらいでさっくり倒せます。

◇Aglaophotis
ラフレシア。
これまた溶解or核熱のファイアMB。特に注意点もありません。
アムネジアや沈黙がありますが、最初のヘイトのみでTPがたまる前にさっくり焼きます。

◇Tangata Manu
ハルペイア。
硬化のブリザドMBで。特殊技はやっかいなのが多いですが、
大ダメージで硬直するので、一気に削っていくほど楽です。

◇Vidala
トラ(スミロドン)。
炸裂のエアロMBで。咆哮を使うとレベルアップしますが、
精霊の通りは良いのでがんがん削れます。
ブレイクにちょっと注意。

◇Gestalt
ヘクトアイズ。
衝撃のサンダーMB。ドレッドスパイクの吸収量は怖いですが、
盾が抜刀しなければおkです。

◇Angrboda
赤ゴーレム。
これも衝撃のサンダーMB。強くないです。

◇Cunnast
ワイバーン。
またまた衝撃のサンダーMB。
戦士1hアビのブラーゼンラッシュを使ってきますが、
精霊の通りも良いので苦労はしないと思います。

◇Revetaur
タウルス。
魔法ダメージにカウンターでアポカリプティクレイ
(前方範囲の死の宣告)を使ってくるので、
物理PTで倒した方が楽です。
連携も考えずにWS即撃ちでいきます。
宣告や石化など、やばい技オンパレードな敵なので、
白は盾の維持をがんばりましょう。
死の宣告に備えて聖水も用意しておきましょう。

◇Ferrodon
ウィヴル。
硬化のブリザドMB。
精霊の通りが良いので大丈夫ではあるのですが、
長期化すると攻撃力が上がる技を使ってきてやばくなるので
連携MBをどんどん決めていきましょう。

◇Gulltop
甲虫。
これも硬化のブリザドMBで。
物理で戦うと苦労する相手ですが、MBでいけば特に問題ありません。

◇Vyala
リンクス。
切断のストーンMBで。モータルブラストが視線即死技なので、盾は後ろ向きで。
瀕死ダメージ技もあるので、白は盾のHPを高めにキープ。


■エスカ-ジ・タ ステップ2

◇Ionos
ダイアマイト。
振動のウォータMBで。ブレクガに注意。

◇Sensual Sandy
モルボル。
溶解・核熱のファイアMBで。
通常攻撃に呪いが付いているので、
ソラススキンをなるべく切らさない感じで回復を。

◇Nosoi
青トゥルフェイア。
切断のストーンMB。通常攻撃の追加毒と、
マイティストライク中のフィールド毒のスリップ量が半端なく痛いです。
後衛はきっちり距離を取って、盾は壁を背にできる位置へもっていってから
戦闘をスタート。白はケアル連打とポイゾナに追われると思います。

◇Brittlis
ハエ。
溶解・核熱のファイアMB。
範囲魔法を連発してくるので、後衛は距離に注意です。

◇Kamohoalii
オロボン。
衝撃のサンダーMB。精霊の通りは悪くないですが、
攻撃力が高いので白は気を抜かずに。

◇Umdhlebi
ベラドンナ。
溶解・核熱のファイアMB。精霊の通りがあまり良くないので、
風水はアキュメンよりフォーカスで良いと思います。
問題なのが魅了技ですが、魔剣ならルーンをテネブレイにすると
ある程度防ぐことができます。
抗魅了霊薬も効果時間は1分と短いので過信は禁物です。


■エスカ-ジ・タ ステップ3

◇Fleetstalker
イェズターグ。
振動のウォータMBで。ステップ3以降は魔回避がかなり
高くなるので、風水のフォーカスはほぼ必須です。
盾はスタンやテラーを食らう前提でヘイト稼ぎを早めにしておくと確実です。

◇Shockmaw
ケートス。
溶解・核熱のファイアMB。前方範囲の即死技があるので、
盾は沸かせたあとに横からヘイトを取ります。
状態異常技も多いので注意。
ステップ3の中では比較的削りやすい敵だと思います。

◇Urmahlullu
赤ベヒーモス。
切断のストーンMBで。広範囲のサンダーボルトの追加スタンが長いので、
PT全員でバサンダラをもらっておきましょう。


■エスカ-ジ・タ 隠しリストNM

◇Blazewing
マンティス。
衝撃のサンダーMB。
アムネジアや全ステータスダウンなどの技があるので、
盾と白が苦労すると思います。
精霊の通りは悪くない方ですが、それなりの長期戦を覚悟。

◇Alpluachra・Bucca・Puca
ピクシー×3匹。
MBでも倒すことはできる敵なのですが、
弱点属性の違う3匹のHPを均等に削っていかないと
敵が強化されて削り切れなくなるという仕様なので、
連携を変えながらチャージを確保して削るのは難易度が高いです。

火(Puca)風(Alpluachra)闇(Bucca)は吸収される可能性がありますが、
それ以外は通るので、青が土氷雷光などの属性範囲魔法で削っていき、
HPが多めに残っている敵に黒が精霊を入れるというのが
比較的楽に倒せる方法です。編成は盾白青青黒風になります。
青は複合エレメンタルからラーニングできる魔法を軸に削りました。

◇Pazuzu
ガルー(太いデーモン)。
衝撃のサンダーMB。魔回避もHPも高いので、やや長期戦に。
オブリビオンマントの衰弱・死の宣告に備えて
聖水+ソラススキン維持をするなど、盾白は万全に。

◇Wrathare
ウサギ。
衝撃のサンダーMBで。
通常攻撃の追加効果にデスが付いているので、全員サポ忍にします。
さらにタゲが動いても逃げられるように、グラビデも欠かさないようにします。
蝉が減ったら張りなおしを最優先にして、着実にMBを入れていけば
それほど強い敵ではありません。


ここまででエスカ-ジ・タのギアスフェットNMは終了です。
一度醴泉島のゴブリンに報告にいきましょう。

続きのエスカ-ル・オン編はまたいずれ!
【ギアスフェットの最新記事】
posted by ネジマキ | Comment(0) | TrackBack(0) | ギアスフェット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック