2018年05月27日

【AF119・レリック119の+3を考える】竜騎士編

アーティファクト・レリック装束119の+3の
使い道について独断と偏見を書きなぐる、
長ったらしいこのコーナー。

今回は竜騎士編です。

2018年6月のVUで装備の性能に変更があったので修正・追記しました。

■AF119・レリック119の+3を考える - 竜騎士編

●頭
・AF頭+3
VSアーメット+3
防129 HP+67 MP+33 STR+37 DEX+30
VIT+35 AGI+30 INT+29 MND+32 CHR+29
命中+47 攻+42 回避+53 魔回避+63 魔防+3
ヘイスト+7% スピリットリンク+16
飛竜:ブレス命中+31 命中+31 ブレスを効果的に使う
コンビネーション:命中+ 飛命+ 魔命+

AF頭です。

元々はヒールブレス開始時の装備としての役割が
とても大きかったAF頭ですが、
今はブレスを使う機会も減り
どちらかというとスピリットリンク装備として
持ち歩くことの方が多いかもしれません。

スピリットリンク用の装備としての性能は
打ち直すごとに純粋にアップするので、
その点では打ち直して損をすることはありません。
ただし、+16はスピリン回復量がそのまま+16と
かなり微量です。

その他の用途は、命中・攻撃ともに高めですが、
STPもマルチアタックも付いていないのでいまいち。

スピリン用装備を強化したいなら打ち直す価値アリですが、
優先度はかなり低めといった感じです。


・レリック頭+3
PTアーメット+3
防131 HP+80 MP+43 STR+37 DEX+25
VIT+35 AGI+25 INT+24 MND+24 CHR+24
命中+44 攻+77 魔命+37 回避+53 魔回避+63
魔防+4 ヘイスト+7% トリプルアタック+4%
飛竜:ブレス+28
ディープブリージング効果アップ

こちらもまた、ブレス発動時の装備として
長く竜騎士に愛されてきたレリック頭。

ブレスの効果アップが底上げされつつ、
高い攻撃力とTA+4%が付与され
かなり攻撃的な装備に変身しました。

STRやVITの上昇値も高めでかなり良いのですが、
フラマツッケット+2にTA+5%、ストアTP+6が
付いているため、通常攻撃用の装備としては
フラマ+2の方が使いやすいです。
命中は+44で同値ですが、DEXではフラマが
7高いので純粋な命中でも少しだけ劣ります。

WS用装備として見た場合、スターダイバー用ならば
TAがより多いフラマを選択した方が良いと思います。

カムラン用なら、WSダメージアップのオグメを付けた
バロラスマスクの方がダメージが出るでしょう。

攻撃力にマイナス補正のある雲蒸竜変用なら、
高い攻撃力がプラスに働く面もあるのですが、
元からクリティカルヒット+2%がついている
バロラスマスクに、クリティカル関連の
オグメを付けたほうがダメージは伸びるでしょう。

決して悪い性能ではありませんが、
打ち直す必要性は低いです。



●胴
・AF胴+3
VSメイル+3
防159 HP+101 MP+54 STR+41 DEX+31
VIT+41 AGI+31 INT+31 MND+31 CHR+31
命中+57 攻+35 回避+61 魔回避+73 魔防+5
ヘイスト+3% ストアTP+8 全ジャンプTP+39
飛竜:リジェネ+15
コンビネーション:命中+ 飛命+ 魔命+

高い命中にストアTP+8、さらに
竜騎士の胴装備にしてはヘイストも+3%と
高めなので、通常殴り装備として
使い勝手の良い装備になっています。

競合するのはデーゴンブレスト、フラマコラジン+2、
バロラスメイルなど。

デーゴンブレストを持っている強者は
デーゴン一択でしょうが、ほとんどの人は
フラマ+2とどちらを使うか迷うところだと思います。

ストアTPはAF胴が+8、フラマが+9、
ヘイストはAF胴が+3%、フラマが+2%。
この部分を他の装備とどう調整するかで
必要かどうかが分かれてくるでしょう。

また、飛竜にリジェネがかかる点も地味に見逃せません。
胴の着替えとアビリティの併用などで、
スピリットリンクのリキャ中の飛竜を
落とさないようにできる場面もあるでしょう。

全ジャンプTP+のプロパティは
スピリットジャンプとソウルジャンプにも
効果があるようになったため、ジャンプ時の得TPを
ストアTPと直接のTP+の両面で強化できる、
使いやすいジャンプ装備となりました。

通常用装備として使うかどうかは人によりますが、
バランスの取れた良装備であることは確か。
ジャンプ用の得TP強化装備としても優秀。
打ち直す価値はアリです。


・レリック胴+3
PTメイル+3
防161 HP+102 MP+64 STR+44 DEX+39
VIT+36 AGI+31 INT+31 MND+31 CHR+31
命中+40 攻+80 魔命+40 回避+76 魔回避+73
魔防+6 ヘイスト+3%
全ジャンプ:飛竜の最大HP100%分の追加ダメージ
飛竜:サポートジョブ能力追加
竜剣効果アップ

高い命中と非常に高い攻撃力を備えたレリック胴。
ただし、ストアTPもMAもないので
通常攻撃用には微妙。

WS用装備としての評価はレリック頭と
ほぼ同じで、どのWSを撃つにしても
フラマやオグメで特化したバロラス、
レア装備のデーゴンブレストなどに
敵わないという印象です。

オンリーワンの性能である、
全てのジャンプに飛竜の最大HPに依存した
追加ダメージを与えるという性能については、
現時点で明確に答えを出せません。

IL119の飛竜のHPが、ゲージから推測すると2000弱。
ジャンプに2000程度の追加ダメージが付くと考えると、
ストアTPを多少犠牲にしても
総ダメージで上回る可能性はあるでしょう。

ただし、飛竜が落ちていると効果がないと予想されること、
微量とは言えストアTPやMAを落とせば
それだけWSの回転率が下がる可能性があることは
考慮しておく必要があります。

正直なところ、まだ威力が未知数な装備ですが、
ジャンプによるWSの回転が鈍らないのであれば
有用な装備だと思います。

ただ、AF胴を使った場合に比べて
ジャンプの得TPは下回るので、
WSの回転数が変わらなくても
WSのTPボーナス量は減ることになり、
WSのダメージを含めた場合にどちらの方が
時間あたりのダメージが上回るかは、
一概に決めつけるのが現状難しいです。

また、かなりニッチな使い方なのですが、
ジャンプは与TPがないと言われているので、
命中やMAを確保した上で飛竜のHPを大幅に
ブーストすることで、エリニスのような
通常攻撃によるTPを与えたくない敵が相手の時には
ある程度のダメージソースともなれるでしょう。

打ち直す価値はアリだと思いますが、
ただの趣味装備に終わる可能性も捨てきれません。
打ち直すにしても、他部位の装備の強化が
十分に終わってからで良いでしょう。



●手
・AF手+3
VSフィンガー+3
防117 HP+50 STR+16 DEX+40 VIT+40
AGI+17 INT+20 MND+36 CHR+30
命中+48 攻+35 回避+42 魔回避+46 魔防+2
受け流しスキル+19 ヘイスト+4%
全ジャンプTP+34
飛竜:ブレス命中+34 命中+34
コンビネーション:命中+ 飛命+ 魔命+

高い命中や飛竜の命中アップが付いていますが、
他に特筆するべき点がないので
通常用にもWS用にもいまいち。

ジャンプ時のTP強化用装備としては
スピリットジャンプとソウルジャンプにも
効果が乗るように変更されて良装備に。

ストアTPはついていないものの、直接得TPがプラスされ、
AF胴と併用することで元々高い命中を
コンビネーションでさらに底上げできるので、
なかなか良いジャンプ装備です。

競合装備としては、全ジャンプ命中+40に加え、
DA+5%もついているイクトミダスタナが挙げられます。
個人的には、命中・得TPの両方で上回る
AF手を使いたいです。

ジャンプ用装備として打ち直す価値アリです。


・レリック手+3
PTフィンガー+3
防116 HP+77 MP+50 STR+16 DEX+43
VIT+40 AGI+20 INT+20 MND+36 CHR+30
命中+46 攻+63 魔命+38 回避+42 魔回避+46
魔防+3 ヘイスト+4% ウェポンスキルのダメージ+10%
飛竜:被魔法ダメージ-11%
アンゴン効果アップ

アンゴン用に元から活躍していたレリック手ですが、
WSダメージ+10%が付いたことで
単発WSであるカムラン用装備として
最高のスペックを備えました。

VITも攻撃力も高く、命中の水準も高いので
文句の付けようがありません。
カムランのダメージを効果的に伸ばしてくれるでしょう。

蛇足ですが、スターダイバーにはスレビア+2、
雲蒸竜変にはフラマ+2など、使い分けは必要です。

ともあれ、打ち直す価値アリです。


●脚
・AF脚+3
VSブレー+3
防141 HP+85 STR+43 DEX+20 VIT+29
AGI+25 INT+36 MND+26 CHR+22
命中+49 回避+42 魔回避+95 魔防+4 ヘイスト+5%
エンシェントサークル+1 ハイジャンプ効果+29
ウェポンスキルのダメージ+10%
飛竜:HP+27%
コンビネーション:命中+ 飛命+ 魔命+

この装備で最も注目したい点は、
STRの高さとWSダメージ+10%。

STRが修正項目に入っている単発WSカムランと
非常に相性が良いです。

ハイジャンプ効果+29の効果は、ハイジャンプで
減少する敵対心にさらに-29%のボーナス。
タゲを取った時のハイジャンプ装備としても優秀です。

また、使う機会が減ったとはいえ
ブレス用装備としても優秀で、
飛竜の最大HPを大幅に上げることで
ヒールブレスの回復量アップを図れます。

エンシェントサークル+1の効果は
変わらずドラゴンキラー+2%と効果時間+50%です。

カムラン用、ハイジャンプ用に優れているので
打ち直しの価値アリです。


・レリック脚+3
PTブレー+3
防140 HP+85 STR+43 DEX+22 VIT+41
AGI+25 INT+36 MND+26 CHR+22
命中+39 攻+64 魔命+39 回避+42 魔回避+95
魔防+5 ヘイスト+5% ストアTP+10
ハイジャンプ:敵対心減少量+29%
飛竜:被物理ダメージ-11%
ストレイフ効果アップ

通常攻撃用の装備として見ると、
命中は中の下といったところなのですが
ストアTP+10はかなり高い数字です。

ただし、MAが付いていないため
TA+4%のスレビア+2、DA+3%にオグメで
さらに上乗せできるバロラスなどと比べて、
好みの方を選択することになると思います。

また、脚装備にしては高めのDEXと
高い攻撃力を備えているので、
雲蒸竜変用の装備としては
一考の価値があるかもしれません。

また、ハイジャンプの敵対心減少量は
2018年5月現在、書き方が違うだけで
AF脚と同じ効果と推測されるため、
AF脚を打ち直していれば
(ストアTP+10が生きる場面ではありますが)
ハイジャンプ用には不要です。


個人的な意見ではすが、これといった決定打がないので
打ち直す必要はないでしょう。



●足
・AF足+3
VSグリーヴ+3
防99 HP+47 STR+30 DEX+27 VIT+25
AGI+42 MND+20 CHR+36
命中+46 攻+30 回避+82 魔回避+95 魔防+3
ヘイスト+3% 全ジャンプ命中+30 全ジャンプ+26
コンビネーション:命中+ 飛命+ 魔命+

ジャンプ用の装備です。
ジャンプの命中が+30、ジャンプの攻撃力が+26%されます。

競合装備には、全ジャンプTP+40のオストログリーヴ、
スピリットジャンプTP+70のエンピ足、
全ジャンプ命中58のメナデクガンビエラなどがあります。

ジャンプ用装備全体で命中と得TP、MAなどを
調整するのがベターなので、必要かどうかは
他の部位との兼ね合いにはなるのですが、
スピリットジャンプ用にはTP+の数字が大きい
エンピ足・PEシンバルド+1を使いたいところ。

ソウルジャンプのみに使うとしても、
命中は高いレベル+コンビネーションも狙えるので
良いものの、ダメージがそれほど出ない
ソウルジャンプで攻撃力を伸ばしてもあまり
意味がないという側面もあったりします。

ジャンプ用装備として使えないわけではないのですが、
打ち直す価値は低いでしょう。


・レリック足+3
PTグリーヴ+3
防98 HP+55 MP+40 STR+28 DEX+27
VIT+25 AGI+42 MND+20 CHR+36
命中+42 攻+73 魔命+36 回避+72 魔回避+95
魔防+4 ヘイスト+3%
飛竜:HP+290 リジェネ+10
エンパシー効果アップ

エンパシー効果アップが付いているため
元からスピリン用装備として
必須だったレリック足。

+3にまで強化すると、飛竜のHPが+290と
かなり増強されます。
ヒールブレスの回復量を上げるには
かなりの効果があると言えます。

また、飛竜にリジェネ+10のプロパティも
加わっているため、飛竜の緊急回避用に
AF胴と共に使うのもアリでしょう。

ブレスを使う機会が減ったので
優先度は落ちますが、
打ち直す価値がある装備ではあります。
ただし、+1のままでも十分に活躍してくれます。



◆総評

主力WSであるカムランの威力を高められる
レリック手・PTフィンガー+3、
AF脚・VSブレー+3はぜひ欲しい部位です。
AF脚はハイジャンプやヒルブレでも活躍します。

必要かどうかは持っている装備によりますが、
命中、ストアTP、ヘイストのバランスが良い
AF胴・VSメイル+3も打ち直して損はないでしょう。

飛竜のHPが大幅に上がる
レリック足・PTグリーヴ+3も良装備ですが、
打ち直し必須と言えるほどのパワーはありません。

すべてのジャンプに飛竜の最大HP分の
追加ダメージを付与する
レリック胴・PTメイル+3は、
うまく使えれば総ダメージ量を底上げでき、
化ける可能性もあるものの
ネタ装備に終わる可能性も。
打ち直しは自己責任でといった感じです。

●AF119+3
脚→打ち直す価値大(カムラン・ハイジャンプ)
胴→打ち直す価値大(通常攻撃用、ジャンプ用)

手→打ち直す価値中(ジャンプ用)
他部位→いらない

●レリック119+3
手→打ち直す価値大(カムラン用)
胴→ジャンプのダメージアップ用にあっても良いかも
足→ヒールブレスにこだわりたいならアリ
他部位→打ち直す必要性は低め
posted by ネジマキ | Comment(0) | 装備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。