2019年11月11日

推しモン!キャンペーンとモンスターの思い出

ハッピー11の日!ということで久々の更新。

今日、2019年11月11日(月)から11月17日(日)16:59まで、ツイッターで
推しモン!スクリーンショットキャンペーンというイベントが開催されています。
http://www.playonline.com/pcd/topics/ff11/detail/17437/detail.html

お気に入りのモンスター「推しモン」のスクリーンショットと
専用のハッシュタグを添えてツイートすると、
白虎の頭をかぶったようなおしゃれ装備がもらえるというものです。

私も早速Leaping Lizzyの思い出をツイートして参加しました。

今回はせっかくなので、ライバルもいないし抽選対象を狩って
リーピンをわかせてスクリーンショットを撮ってきました。

リーピンその1

リーピンその2

リーピングブーツを求めて、たくさんのプレイヤーと
取り合いをしてきたリーピングリジー。

何度も戦った中でも思い出深いのは、
赤魔道士でレベル上げをしていた時のこと。

まだアトルガンの秘宝が発売される前くらい。
レベルは8前後でリーピンがわく場所付近のトカゲでも
まだ経験値が入っていて、楽を狩るのも楽じゃない時代に
せっせと赤でトカゲや鳥やクゥダフを殴り続けていました。

まわりにはリーピンを張っているプレイヤーがひしめいていて、
どれが抽選対象かなどかまわずに雑魚トカゲも取り合いみたいに
なっていました。

そんなピリピリした取り合い合戦の中に
のんきに低レベルでレベリングしている自分が入ってきたからですかね、
抜刀して殴ろうとしていたトカゲを高レベルのプレイヤーに
挑発かなんかで持っていかれまして。

それで頭に血が上ったのか対抗心が芽生えたのか、
余ってれば戦うくらいでやってたのに
積極的にディアでトカゲを釣って倒すようにして
取り合いに参加しちゃったんですよねw
今思えば血気盛ん。

それでたまたまリーピンを釣り勝ってしまったんですが、
レベル8くらいの赤ですから、それはもう死闘。

殴りもほとんど当たらず、精霊魔法とケアルでなんとか戦い続け、
勝負どころで連続魔を発動させて精霊連発でやっとこさ勝利!
もちろんリーピングブーツは落ちない!
経験値も大したことない!
これなら普通にレベル上げしてれば良かった!

と冷静になってレベル上げに戻ったんだか落ちたんだか
覚えていませんが、そんな激闘の思い出があったのでした。


と、そんなことを嫁氏と話していたら色々な思い出が
蘇ってきまして。

モンスターの強烈な思い出として最も古くて懐かしいなと思うのは、
ラテーヌ高原の大羊を最初に見た時。

サンドリアで始めてまだサポートジョブも取っていないレベル一桁の頃。
まだ結婚する前の嫁氏と二人でバストゥークを目指して
徒歩でラテーヌ縦断を決意して突撃。

オークの目をなんとかかいくぐり、視覚感知と聴覚感知も
まだよくわかっておらず、敵に触れたら感づかれると思い込んでいて
塀越しにスニーキングっぽく道を進んでいました。

そして、ちょっとした岩山に囲まれた道を通ろうとした時、
見たこともないような巨大な羊の姿が目に入り
うろたえるやら感動するやら!
なにあのデカさ!気づかれずに通り抜けられるのか!?

などと考えながらオロオロしていたら嫁氏が大羊にからまれまして。
「私に気が向いてるから今のうちに通って!」
「し、しかし……!」
みたいな流れがあって嫁氏死亡。

当然レイズなんてないので嫁氏はサンドリアの
ホームポイントまで戻り、私はラテーヌで待機。

なんとか嫁氏は再びラテーヌへ舞い戻り、
二人で大羊ゾーンをこそこそとかいくぐって、
その後はよく覚えていませんが
初めて訪れたバストゥークの外国感に感動したのは
よく覚えています。

どうやって砂コウモリを通り抜けたんだろう……。

とにかく大羊デカかった怖かった。
あの初めての感動、リアルに旅をしている感覚。
まさにMMOならではの空気感を肌で感じていましたね。

今ではもう当たり前になってしまったり、
便利になって味わえなくなってしまった色々な感動が
思い出として詰まっている。

そんなFF11の記念すべき日に乾杯!
11月18日までウェルカムバックキャンペーンで
無料プレイできるから、みんな遊びに戻ってきて!
タグ:イベント
posted by ネジマキ | Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。