2012年10月25日

ナナーミーゴス 12/13(木)ライブ決定!

今夜のラジオナナーミーゴス、なんとライブ決定の他にCパート(終わり際の雑談コーナー)が超充実!

生トークと生演奏ありで、本当に楽しかった!

ちなみに、予約受付はこちらから。(https://www.jzbrat.com/liveinfo/2012/12/#20121213)

私は早速予約メールを入れてみました。有給取って行くつもりですw

いやー、やっぱ生演奏は良いですね!CDの発表がなかったのは心残りですが、耳が満足な放送でした。

今後のナナーミーゴスの活躍に期待!
posted by ネジマキ | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月19日

つれづれなるままに タブナジア回想と妄想

アドゥリンやモンスタープレイングどころか、ミーブル・バローズ実装まで持つんかいな……などと考えながら、ログインしてもシャウトを聞くだけになっている今日この頃( ´Д`)

なーんとなく、我々のIgachanのDistant Worldsに触発されて、徒歩でジュノ→バタリア→ジャグナー→ラテーヌ→砂丘→ルフェーゼと散歩して、回想でプロマシアミッションのエンディングを観てきました。(散歩は散歩で良いのですが、回想をまとめて観られる場所が欲しいw)

やっぱり、良い思い出も悪い思いでもプロマシアの頃のものが多いですねw当時のLSメンバーのことや、実装当初の野良フルアラLv30制限プロミヴォンの辛さなど、色々と脳裏に蘇ってきました。

そういえば、このプロMのエンディング、最後はタブナジア侯国を遠くに見ながら、フェニックスの羽がひとひら舞い落ちる演出で締めくくられています。これって、当時はタブナジア本国実装への伏線というか予告のような意味合いもあったんだなぁ、と今さらながら気づきなおしたり。

タブナジア侯国とフェニックスの羽

ヴァナフェス2012の歴代ディレクターセッションで、小川さんが「アトルガンの次の新ディスク企画に当たって、タブナジア本国方面も検討したものの、容量的な制限もあって(マップなどの使い回しが利く)過去世界、アルタナの神兵に決まった」という趣旨の発言もしていましたし、プロマシアの高難易度が停滞感を生んでいなければ、ライト層を狙った「ジラート→プロマシアときてアトルガンへの転換」ではなく、「ジラート→プロマシア→タブナジア本国」という、メインストーリーが続く拡張ディスク構成もあり得たのかなー、とか考えてみたり。アトルガン終了までの時点で容量に制限がなかったなら、あるいは……?

とは言え、アトルガンも楽しかったんですけどねwプロマシアに比べて、ミッションやアサルト、ビシージなど、だいぶサクサク遊べてストーリーも良かったと思います。ただし、やはりメインミッションからすると外伝的な追加ディスクではあったり。

そして、「重めのアルタナ→ライト層向けのアドゥリンへの転換」という今の流れは、まさに「重いプロマシア→ライト層も遊べるアトルガンへの転換」の時の流れと一緒なのかなー、とかも思ったり。楽しみなのは変わらないのですが、外伝的な追加ディスクでもあるのですよね。

もしアドゥリン終わってもまだFF11が続くなら、次こそはタブナジア本国をクローズアップして欲しいな……。と妄想に耽りつつタブナジア地下壕で落ちた今日でした。
posted by ネジマキ | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月09日

やることがなくなってきたから動画でも観ています

ヴァナフェス→アドゥリン→ナナーミーゴスと盛り上がっていた6〜7月の私のヴァナライフですが、それはヴァナ外のお話。

ヴァナ内ではVWとナイズルだけで間が持つはずもなく、最近は停滞気味ですwまばらだったLSメンはさらにまばらに。新グラ装備だけは取りにきていた人も、あますず祭りに興味も持っていないようですw

そんな感じでログインしない日も少なくなかったりしますが、ニコ動でFF関連動画を観たりはしております。



もう一度アルタナミッションが観たくなる、とても良い仕上がりのMAD。アルタナの神兵の名シーン満載で、つい何度も観てしまいます。



ヴァナ各地の風景あれこれ。今では行かなくなったあの場所や、思い出の場所、見慣れたはずの景色なのに見たこともない天候やエフェクトがまだあったり。今さらながら、FF11は土台をしっかり作りこんであるなと思い返してしまう動画でした。



5周年の時の、スクエニパーティ2007内でのイベントの一幕。谷岡さんが6月のフェスでも弾いていたロンフォール(現ロンフォーレ)とAwakeningを披露しています。水田さんと田中さんが若いw



さてさて、ミーブル・バローズや新2hアビの実装が間近なようですが、モンスタープレイング実装まではそんなに興味のあるコンテンツがないかなー、というのが本音です。そういえばケットシーもそろそろなのかな?

スクエニもお盆休みをぽつぽつ取り始めているようなので、プレイヤーもちょいとお盆休みですかねw
posted by ネジマキ | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月31日

田中Pから松井Pへ

田中弘道プロデューサー最後の出社日

10:15 起床。りえこむがまたtwitterでうんこうんこ言ってる。

11:02 朝食のガリガリ君を食べながら出社。河本がピザ食ってる。

11:18 コンセントを足にひっかけて転ぶ。サーバーの電源が抜けちゃった。てへぺろ^^;

※フィクションです


とうとう7月最終日。田中弘道プロデューサーの最終日となりました。
公式サイトでも、新プロデューサーの松井聡彦さんと共にあいさつの文章と画像がアップロードされましたね。

田中Pから松井Pへ

田中さんの顔色が一時期よりだいぶ良くなっているように見えて、ひと安心。

そして、ディレクター時代にはtwitterで反応して即対応してくれたり、ネ実でも評判の良かった松井さん。フォーラムでは一部のキ○ガイから伊藤D叩きの材料にされちゃってる感じがありました。

正直、最近のフォーラムはどう考えても議論する価値もない話題――「オセロや将棋をFF11内で遊ばせろ」とか「グローリークラウンからナジャ社長の銘を消させろ」とか――開発チームが時間を割いて読む必要があるとは思えないような内容の投稿と、それに対する煽り半分の不要な返信が多過ぎると思います。あらゆる面でリソースの無駄すぎwwwフォーラム読む気をなくしたプレイヤーも多いんじゃないかと。

コミュニケーションを大切にするという方針は支持したいですが、フォーラムのチェックはコミュニティチームを通して上がってきたものだけにした方が、11プレイヤーにも14プレイヤーにも松井さんにも良い結果になると思います。

ただでさえ、新生を控える14のバトルプランナーと、アドゥリンを控える11のプロデューサーを兼任とは、田中さんたっての頼みとはいえかなりの重労働。

松井さんが11のプロデューサーとして力量不足だとはまったく思いませんが、良い意味で楽できる部分は楽をして、11では新ストーリーやコンテンツ、14ではバトルシステムの根幹など、肝心の部分に注力してほしいですね。
posted by ネジマキ | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月22日

スーパージャンプである^^

フレンドに頼んで竜騎士の型紙を集め終わりました。

竜騎士

見た目だけは立派なリューサンのできあがりである^^
タグ:竜騎士
posted by ネジマキ | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする